マイベストプロ岩手
吉田洋一

テニスを通じて子どもの心身発達を支援するプロ

吉田洋一(よしだよういち) / テニス指導者

一般社団法人JSTC

コラム

JACOT

2023年1月24日

テーマ:運動による心身の発達

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

 「脳と心と体に刺激を与えるコオーディネーショントレーニング」

 「楽しく、心地よい身体運動」を実践している法人をご紹介いたします。
 特定非営利活動法人日本コオーディネーショントレーニング協会(JACOT)における活動風景には、子どもたちの笑顔が満載です。また、どの子どもたちにも自由で闊達な体の動きです。
 また、同法人の活動の中に「親子でコオーディネーショントレーニングにチャレンジ」があります。普段あまり体を動かす機会がない子どもでも楽しくできる運動からはじめます。今までに体験したことのない動きに親も子どもたちもワクワクしながら、笑顔をいっぱいで汗を流します。動きが「できるか、できないか」ではなく、どういった意図があり、どこが見るべきポイントか保護者に伝えます。そうすることで我が子の隠れた才能に気付く保護者も少なくありません。
 発達障害のケアには「活発に、身体を動かすこと」が必要であることを説明しました。「活発に」とは、自ら、自主的に、自分の意思で、自己決定でなど他の人が指示、命令、指導など関与しない、「心地よい身体の運動」という意味です。つまり、学校教育の知識の習得や競技スポーツなど同じ型、方法などの優劣の評価や勝敗にこだわるものではない運動ということを保護者はご理解ください。
 ご案内の特定非営利活動法人日本コオーディネーショントレーニング協会(JACOT)では、動きが「できるか、できないか」ではなく、どういった意図があり、どこが見るべきポイントなのか、また、私の研究では、子ども自身が自分で何かできそうな気がする気持ちを持ち続けることなど、自分で考え行動し、結果的に自分自身でできた値は、自分自身の発達なのです。
 特定非営利活動法人日本コオーディネーショントレーニング協会(JACOT)は、主に東京都を中心に活動を行っておりますが、定期的に全国へ講座や親子体験会を開催しております。ホームページアドレスは、https://jacot.jpです
 次回に続きます。

スポーツ指導者を兼ねていたからこそ知見できた「運動と脳の相互関係」
自身の身体運動を促す「人間工学理論打法」が「運動」と「子どもの脳の発達」を促す
「楽しい、心地よい運動」が「脳を育てる」
スポーツを「楽しい、心地よい運動に変換」
子どもの心身の発達を支援

一般社団法人JSTC 代表理事 吉田洋一
連絡先(携帯電話番号)090-2790-5389
メール jstc@docomo.ne.jp

 

この記事を書いたプロ

吉田洋一

テニスを通じて子どもの心身発達を支援するプロ

吉田洋一(一般社団法人JSTC)

Share

関連するコラム

吉田洋一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-2790-5389

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉田洋一

一般社団法人JSTC

担当吉田洋一(よしだよういち)

地図・アクセス