マイベストプロ神戸
浅井知彦

コンクリート住宅設計のプロ

浅井知彦(あさいともひこ) / 一級建築士

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

お電話での
お問い合わせ
078-862-9386

コラム

自宅に展望風呂を作りたい

2019年1月14日

テーマ:神戸、芦屋、西宮で家を建てる

コラムカテゴリ:住宅・建物

神戸から大阪にかけては、山と海の間が狭いので、眺望の良い住宅地が多くあります。

特に神戸、芦屋、西宮では、六甲山に沿って住宅地が広がっているので、南に広く開けた土地が多くあります。

坂道が多いのは困りますが、海が見える、眺望の開けた住宅地が選べるのはこのエリアの魅力ですね。

海の見える家
今回は「自宅に展望風呂を作る」という内容について書いていきたいと思います。


・・・コラムのテーマは「展望風呂」なのですが、今回は、まず最初に「住宅のお風呂」全般について、説明させて頂きたいと思います。


日本の住宅のお風呂については、木の土台の上にタイル張りなどで防水を行う「在来工法」が主流でした。

タイルで防水をするお風呂では、以下のような問題が避けられませんでした。


◇耐久性に問題がある
ひび割れなどで水漏れの危険がある。
水を使う場所なので湿気で下地が腐る。
長年使っているうちに根太が腐り床が傾くこともある。

◇汚れがとれない
目地などにどうしてもカビ、水垢がつく。
一度汚れると、なかなか取れない。
元々水気が切れにくい素材(目地のあるタイル、水を吸いやすい木など)を使っているので、カビが生えやすい。
長く使うと、掃除が大変。

◇保温性が低い
タイルなどで作られた浴室は、断熱性がない。
風呂場全体がなかなか暖まらず、どうしても冬に底冷えする。
床も冷たい。


これらを解消するために考えられたのが、現在のユニットバスです。

デザイン的には素っ気ないと思われているユニットバスですが、住宅設備としての機能的必然性として開発され、進化してきたものです。


元々、日本の住宅における浴室の間取りは、1階で陽当たりの悪い方向に向けられる場合が殆どでした。

家の隅に追いやられていた浴室を、日当たりの良い2階あるいは3階に設置出来るようになったのは、ユニットバスなど防水に関する信頼性が高くなったためです。


鉄骨造、鉄筋コンクリート造など、水に強く、しっかりした構造の住宅が建てるられるようになったことも、2階3階のお風呂が安全に使えるようになった理由ですね。

マンションで水回りが安心して使えるのも、防水技術の進歩と構造の安定性があるからだと言えると思います。


上記を踏まえまして、今回、展望風呂を考える上でまず、考えておいて欲しいのは「バスルームを安全にしっかりと作る」ことです。

展望風呂として2階あるいは3階にお風呂を作る場合、「防水をしっかり」「構造をしっかり」というのが、基本的な条件になります。

スパージュ
写真はLIXILのお風呂、スパージュです。

ユニットバスですが、ほぼ壁一面の窓を取り付けることが出来ます。

メーカーのユニットバスでも、これくらい広い窓で眺望を楽しむことが出来ます。



展望風呂というと、お風呂に入っているとき、浴槽の窓からの景色を重視したつくりですが、もうひとつお勧めしたいのが、お風呂上がりに景色が見える間取りです。

ニッコー

写真は高級なシステムバスを作っている日本のメーカー、ニッコーの製品です。

このようなバスルーム前のバスコニースペースは、下からの視線を遮る機能もありますし、湯上がりに寛ぐ場所にもなります。

風通しも良いので、実用目的として物干し場としても使えるでしょう。

バルコニーや脱衣室との組み合わせ次第では、いろいろな用途に使える実用的な展望風呂を作ることも出来るかもしれません。


バスルームについては、様々なメーカーがあります。
予算さえ合えば、選択肢は多種多様にあります。

ニッコー
これも高級オーダーバスルームのメーカー、ニッコーの商品です。


KOHLER
上記の写真は、KOHLER社のバスルームです。アメリカの会社らしい、大らかなデザインのバスルームになっています。


これらの高級バスルームメーカーは大阪にもショールームがありますので、実際に商品を確認することがあります。

値段については、やはりそれなりの良い値段となっていますが、お風呂にこだわりたい人であれば、一度、こういう高級バスのショールームを見ておいても良いかと思います。



眺望のひらけた土地に家を建てるのでしたら、このような展望風呂を検討してみるのも良いですね。

予算次第にはなりますが、プラン作成時に設計者へ要望しておけば、このようにエレガントなバスルームを作ることが出来ます。



家を建てるための土地探しから始めようと考えている方、土地購入前の相談も受け付けております。

【参考】建築士がおすすめする土地探し

建築士の立場から、住宅地についてのアドバイスをさせて頂きます。


  ◇ ◇ ◇


家を作るときに考えて欲しいことについて、こちらのページに纏めてみました。

テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅など】

興味のある分野があれば、是非、目を通して下さい。

 ◇ ◇ ◇

家つくり、土地探しなど、住宅に関すること、何でも御相談下さい。

■電話でのお問い合わせ
078-862-9386【平日9:00~17:00】

■メールでのお問い合わせ【匿名でのお問い合わせでも構いません】
infomation@revontulet.jp

■Webメールでもお問い合わせを受け付けております。
こちらから送ることができます。

土地がある人、土地を探している人、ハウスメーカーの家に飽き足らない人・・・何でもお気軽に御相談ください(御相談内容の守秘義務は厳守します)。

この記事を書いたプロ

浅井知彦

コンクリート住宅設計のプロ

浅井知彦(レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所)

Share
関連するコラム

浅井知彦プロのコンテンツ