まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
深田洋史

ゴルフレッスン&クラフトのプロ

深田洋史(ふかだひろふみ)

オーシャンゴルフアカデミー

お電話での
お問い合わせ
078-431-3727

コラム

引っかけが起きていた理由とその対処

スウィングの分析

2017年12月7日 / 2018年9月21日更新

今日は、左への引っかけがなかなか直らないTさんです。
レッスンを受け始めてから、悩みだったスライスは相当良くなりましたが、次第に左への引っかけが出始め、なかなか修正できません。
そこで今日は、動画ではなくいつも通りの連続写真を撮って分析してみました。
ようやく原因と動作の過程、修正方法が分析できたのでアップしました(笑)

この写真を見てもわかる通り、セットアップ時に体重軸がかかとより後方になってしまっています。
これはすべての元凶だったのです。
この体重配分でスウィングをすると、1・2の写真のようになります。

1では、オレンジの線のところに体重軸があるため本来なら赤い線のところに収まるはずの右ひじが青い線のところにまで来てしまっています。
その結果、行き場を失った慣性モーメントは上方向にクラブを引き上げてしまい、紫の線で囲ったグリップはそれを支えきれなくなり、左手がやや開いてしまっています。
これは目には見えない『伸び上がり』なんです。
2では明らかにシャフト(ヘッド)がアウトサイドインに降りてきているのがわかります。
本来なら赤い線のところを通るはずなんです。
なぜそうなるのか?と言えば、1で説明したことを受けて右ひじの向きに注目してください。
伸び上がってクラブを担いでしまっているため、背負い投げのような形でクラブが降りてきてしまうのです。
だから赤い線のように下向きのはずの右ひじが、紫の矢印方向に開いてしまってこの形になるのです。。
オレンジの線も、さらにかかと後方に来ていますね?

線がゴチャゴチャしていて申し訳ありません。
3では、赤い線①のような角度であるはずの回転軸が、青い線①のように『くの字』になってしまっています。
また肩のラインも赤い線②よりもだいぶん落ちてしまって、青い線②になっています。
これらはすべて最初のセットアップの時の体重の掛け方からくるエラーなんです。
4も同様に見てください。かなり捻じれていることがお分かりになると思います。

次回のレッスンでは、このセットアップと見えない伸び上がりをポイントにレッスンしていきたいと思います。
皆さんは自分のスウィングを自分で分析できますか?
もし自信がなければ、気軽にオーシャンゴルフアカデミーのドアを叩いてみてください。
一発で直すことができなくても、このようにきちんと分析して最短時間で解決して見せます。
一度試してみてくださいね(笑)

この記事を書いたプロ

深田洋史

深田洋史(ふかだひろふみ)

深田洋史プロのその他のコンテンツ

Share

深田洋史プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-431-3727

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

深田洋史

オーシャンゴルフアカデミー

担当深田洋史(ふかだひろふみ)

地図・アクセス

深田洋史プロのその他のコンテンツ