まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
自念真千子

婚活、就職、転職などのキャリアサポートのプロ

自念真千子(じねんまちこ)

M.M.C (エム.エム.シー) マリッジマネジメントセンター

コラム

他人事ではない、働く女性Aさんが結婚で抱く葛藤

キャリア相談 仕事 20代 30代 女性

2014年8月29日 / 2015年7月8日更新

「28歳」女性、キャリアをどう考えるべき?

これをテーマに
専門家による時事ネタコラムをアップいたしました。

Aさんは大学を卒業して、ある会社に就職をしました。技術職で、自身が入社を希望をしていた会社です。希望していただけあって仕事は面白く、徐々に自身の専門性が確立され、充実感もあり、やりがいを見出せていました。そんな時、社内の人と恋愛結婚をしました。しかし、幸せの絶頂のその時から、Aさんの葛藤が始まります。「『与えられた自分の仕事の専門性は大切にしたいし、まだまだ成長していきたい』『家庭でも良き妻でありたい』という仕事と家庭との間に挟まり、どのような働き方をして良いのか、わからない」。出産して職場復帰している人はおらず、全員が退職している状況において、Aさんは、「私もきっと子どもができたら退職だな」と漠然と考え始めるように。そうなると、仕事へのやりがいも以前のようには感じられなくなってしまいました。「子どもができて急に退職をするより、今、退職をした方が会社にも迷惑かからないし、またパートの職を探そうかな」。Aさんは、こんな風に考え退職の方向へと向かっていったのです。 

このような話は、よく聞かれるでしょう。仕事か家庭かの選択を、自分で突き詰めて考えてしまうケースです。女性のキャリアを考えるとき、仕事か家庭かの選択がすべてではありません。

結婚することで場当たり的に会社を退職しては、もったいない
続きは  結婚を場当たり的に退職するのはもったいない!こちら

この記事を書いたプロ

自念真千子

自念真千子(じねんまちこ)

自念真千子プロのその他のコンテンツ

Share

自念真千子プロのその他のコンテンツ