マイベストプロ神戸
岩崎吉男

中小企業・個人事業主の知的財産を守るプロ

岩崎吉男(いわさきよしお) / 弁理士

ナレッジ特許&技術士事務所

コラム

外国人の保有する商標権の移転

2022年1月29日

テーマ:商標の基礎知識

コラムカテゴリ:法律関連

コラムキーワード: 法人登記

皆さん、こんにちは。

特許庁も、世の流れに従い、書類の印鑑押印をかなりの種類の書類で、実施しました。

ところが、以前よりも厳しくなった手続きがあります。

それは、権利の移転関係です。

偽造が多く、被害が大きいからだそうです。

権利の移転を証明する譲渡証書には、今まで押印は必要でしたが、印鑑証明の
提出は不要でした。

ところが、今回印鑑証明書の提出が必須になりました。

では、押印の習慣のない外国人はどうするのか?

もちろん、サインだけではダメです。

3つほど証明の方法があるのですが、一番簡単なのは、代理人である弁理士が、譲渡人から
移転の意志を確認した、という事実を 申請書に「その他」の欄を設けて記載する
という方法です。

私も実際に現地代理人を通して、譲渡証書に移転の意志があって署名した、との
確認をとっています。

この記事を書いたプロ

岩崎吉男

中小企業・個人事業主の知的財産を守るプロ

岩崎吉男(ナレッジ特許&技術士事務所)

Share

関連するコラム

岩崎吉男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0794-88-8561

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岩崎吉男

ナレッジ特許&技術士事務所

担当岩崎吉男(いわさきよしお)

地図・アクセス

岩崎吉男のソーシャルメディア

rss
心の栄養ブログ
2021-06-17
facebook
Facebook