まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
江戸唐音

人形選びのプロ

江戸唐音(えどとうと)

福順号

お電話での
お問い合わせ
078-221-1992

コラム

ケースいろいろ♪   【いろいろ話 破魔弓編③】

羽子板と破魔弓

2013年11月10日 / 2014年8月1日更新

男の子のお正月の魔除け、魔を破る弓「破魔弓」(はまゆみ・破魔矢(はまや)ともいいます)。

前回の「矢尻いろいろ」に引き続き、今回は本体を引き立たてくれるケースについてです♪


破魔弓の種類①
一般的な黒塗りケースです。
デザイン的にも中身が引き締まり、種類としては一番多く制作されております。

破魔弓の種類②
木目のぼかし塗です。

木目に濃淡をつけクリアをかけて光沢のある艶を出しています。
木目と艶の相性が良くなんとも高級な感じがします。

破魔弓の種類③
檜の無垢材です。
黒ケースとは対照的な白木なので和室、洋室にも合いそうです。
檜のケースにもクリアをかけて艶を出しているタイプもありますが、こちらはクリア無しで質感まで伝わります。

破魔弓の種類④
越前塗のケースです。
黒塗りケースの殆どは合成漆の「カシュー漆」ですが、こちらは近年では珍しい本漆を使用しております。
色艶は群を抜いております。

破魔弓の種類⑤
銘木「黒檀」ケースです。
業界には「黒檀塗り」「黒檀柄」と言う黒檀の木目を模倣しているタイプもありますが、こちらは塗ではなく実際に「黒檀」です。黒檀塗でも十分に美しいのですが、やはり実物の黒檀は「重厚感」や「質感」に重みがあります。
価格は、ケース類の木材の中では最も高いです。特殊ケースを除いて、私の知るところでは(笑)。

この他にもケース職人が工夫していろんなケースを作り、主役の破魔弓を存分に引き立ててくれています。

ケース一つをとって見ても奥が深いです。




住所:神戸市中央区雲井通5丁目3サンパル1階
電話番号:078-221-1992
営業時間:10時~19時
e-mail :info@hukujungo.com
担当 : 江戸 唐音 
HP :http://www.hukujungo.com

この記事を書いたプロ

江戸唐音

江戸唐音(えどとうと)

江戸唐音プロのその他のコンテンツ

Share

江戸唐音プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-221-1992

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

江戸唐音

福順号

担当江戸唐音(えどとうと)

地図・アクセス