まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
髙岡恭平

人生100年時代の健康と家計を守る天然木リフォームのプロ

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

森林浴生活株式会社

お電話での
お問い合わせ
078-766-2435

コラム

古い小テーブルをダイノックシートで再生!

マンション 杉 引戸

2013年5月17日 / 2018年10月18日更新


季譜の里のカラオケルームにあった小テーブルが古くなっていたのですが、大きさと高さにピッタリの商品がなくて、再生することにしました。
季譜の里のホームページはこちら⇒http://www.kifunosato.com/
周囲の木枠の角が取れて塗装もはげ落ちていました。

住友3M社のダイノックシートを使います。サンドペーパーで表面を削ってから、密着性をよくするための薬品をぬります。乾く間の少しの間ですが、シンナー臭いので屋外で作業しました。

パテ塗を3~4回施して、ダイノックシートを貼った時の凸凹をなくしています。
天気が良く、次々と乾いたのでとてもはかどりました。

錆色のダイノックシートを選びました。上から見た写真です。
コーナー部もうまく貼れているでしょう?

真横から見た写真です。木枠の側面に凹部があったのですが、オーナー様の了解を得て埋めさせていただきましたので、すっきり貼りあがりました。

ダイノックシートはとても便利な商品です。
木でも、金属でも、樹脂にでも貼ることが出来て、色柄もとても豊富です。
マンションにお住いの皆様の周辺では玄関ドアによく使われています。
大規模修繕時にドアの柄が変わった経験をされている方もあると思います。
紫外線にもとても強い高耐久商品のひとつです。

マンションという狭い空間を考えると、その場で塗装するというのは、臭い・汚れるを考えると疑問です。

ダイノックシートなら、狭い場所でも作業ができ、「住みながらリフォーム」するにはぴったりです。

森林浴生活では、経年美化する無垢材と、美しく長持ちする工業製品を厳選して、マンションリフォームのコストパフォーマンスを高めるために日々考えています。

こんなマンションリフォームに興味のある方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/top/index.php

実際にモデルルームをご覧になりたい方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/about/modelroom.html

この記事を書いたプロ

髙岡恭平

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

髙岡恭平プロのその他のコンテンツ

Share

髙岡恭平のソーシャルメディア

google-plus
Google+
facebook
Facebook

髙岡恭平プロのその他のコンテンツ