まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
髙岡恭平

人生100年時代の健康と家計を守る天然木リフォームのプロ

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

森林浴生活株式会社

お電話での
お問い合わせ
078-766-2435

コラム

クローゼットを折れ戸から引き戸(漆喰塗)にリフォーム

マンション 杉 引戸

2013年2月11日 / 2018年8月8日更新


【アルテピア新モデルルーム、3枚引き戸用にクローゼットの開口をやりかえました】

築15年を過ぎるころから、民間分譲マンションの折れ戸(クローゼット)を引き戸に変えたいというご要望が増えてきます。
折れ戸の不具合とは…
① 折れ戸の建てつけが怪しくなり、スムーズに開閉できなくなる。
② 開けるときに室内側に出っ張るスペースが、ベッドなどの家具配置上じゃまになる。
③ 折れ戸の吊元側の荷物の出し入れができないので面倒。


【天袋仕様にしました。枠は杉、壁は桐の板です】

引戸に変える場合、建具の長さをどうするかによって、開口枠の大工工事が変わってきます。
今回は部屋の入口の扉の高さに合わせて横のラインを作ったこと。洋服を掛けるパイプハンガーが上下2段にできること。この両方の条件を満たす高さがこのようになりました。


【施工前の写真、両側に折れ戸があります】

上段の棚の高さが中途半端で、クローゼットの内部空間が有効に使えません。


【クローゼットの引き戸を漆喰で塗装しています】

今回はフラッシュ戸に漆喰を塗った白い引き戸にしました。


【栂に着色した腰板】
実はこの部屋はクローゼット以外の壁面を赤茶色の腰板にしているので、室内を落ち着かせるために、引き戸を壁と同様の白の漆喰にしたのです。部屋の4面に同じ素材が使われると、とても安定感があります。
後は建具屋さんに入れてもらうだけです。

このように無垢材や漆喰などの自然素材で中古マンションをリフォームすることに興味のある方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/top/index.php

実際にその香りや手触りを確認したい方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/about/modelroom.html

この記事を書いたプロ

髙岡恭平

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

髙岡恭平プロのその他のコンテンツ

Share

髙岡恭平プロのその他のコンテンツ