まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
髙岡恭平

人生100年時代の健康と家計を守る天然木リフォームのプロ

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

森林浴生活株式会社

お電話での
お問い合わせ
078-766-2435

コラム

開口枠をダイノックシートできれいに!

マンション 杉 引戸

2013年3月28日 / 2018年8月8日更新



【出窓カウンターに貼った御影石調のダイノックシート】

中古マンションのオープンハウスを見に行った時、壁紙が新しくなっているのに、なぜか全体がすっきりしないと感じたことはありませんか?
元々白いドア枠・建具、カウンターが変色し、黄ばんで薄汚れていることに原因があります。



【アルテピアⅢ番街1期棟 洗面所の入口、施工前】

妙法寺では、横尾団地など築30年を超える古いマンションのドアやその他の室内開口枠の全てがペンキ塗りです。
比較的新しいマンションでも、居室やトイレなどの枠は木目柄の塩ビシートですが、廊下から洗面所への入口、ダイニングから台所に入る入口の枠、窓枠はほとんどがペンキ塗りです。
ペンキ塗りの木枠は角が削れて丸くなるばかりか、塗装が剥げて薄汚れているのです。


【白いダイノックシートで入口がスッキリ!】

今度は廊下側からの写真ですが、とてもシャープな感じでしょ?
茶系の色が一般的ですが、壁と同色の白にすると広がりを感じます。

【パテ処理後の拡大写真】

ペンキ塗りの枠に下地処理をし、パテを塗った直後の写真です。パテは凹凸を直し、直角を出してダイノックシートを貼り易くします。


【ダイノックシートを貼った拡大写真】

新しい木枠を大工さんに入れて貰ったといってもわからないくらいの精度です。
住友3Mのダイノックシートは紫外線にも強く、丈夫なので雑巾で強くこすっても安心ですよ。
壁紙を貼り換えるときは、枠も一緒にリフォームしましょう!

自然素材ばかりか、高耐久メーカー製品と一体でコストパフォーマンスの高いマンションリフォームに興味のある方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/top/index.php

実際にモデルルームで確かめたい方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/about/modelroom.html

この記事を書いたプロ

髙岡恭平

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

髙岡恭平プロのその他のコンテンツ

Share

髙岡恭平のソーシャルメディア

google-plus
Google+
facebook
Facebook

髙岡恭平プロのその他のコンテンツ