マイベストプロ神戸
髙岡恭平

人生100年時代の健康と家計を守る天然木リフォームのプロ

髙岡恭平(たかおかきょうへい) / 福祉住環境コーディネーター

森林浴生活株式会社

お電話での
お問い合わせ
078-742-6601

コラム

マンションリフォームでは、旬な商品は迷惑です!

2012年9月30日 公開 / 2019年8月6日更新

テーマ:マンション 杉 引戸

コラムカテゴリ:住宅・建物


【須磨区妙法寺 サンヴェール須磨妙法寺 モデルルーム】

マンションにお住いの皆さんは、大多数の方が狭いと感じられています。
部屋の広さもそうですが、収納スペースもよくやり玉にあがります。

ですから、そんなマンションでは、室内で使う商品は一年中使えるものの方が、空間占有効率が高まってよいのです。
空間占有効率とは私が思いついた言葉ですが、要するに、しまい込まなくてもよいということです。

マンションで採用率が高い商品の中で、夏は便利ですが冬は無用の長物になるものがありますね。

そうです、玄関網戸です。

玄関扉の内側に取り付ける、折れ戸の金属扉です。白やブロンズが大半ですね。
典型的な夏だけ商品です。冬は折りたたんで開けたままにしておかなければなりません。

マンション空間の中で、狭い空間のひとつが内玄関なのに、こんな商品機能でよいのでしょうか?
冬は折りたたんだ扉がじゃま、網戸にこびりついた埃の除去も面倒です。全面網戸なのに、夏のように日差しが明るいときでも内玄関は暗く、何度も開閉しているときちんと閉まらなくなる。

中が見えない、風が通る、蚊が入らないだけの夏対応機能だけでは、マンションには不向きだと思います。


【須磨区妙法寺 サンヴェール須磨妙法寺 モデルルーム】

森林浴生活では、杉の木製内玄関ドアを試作しました。その特徴は…

①杉無垢のドアなので外からみても内側からみても木目が美しい。

②網戸付のスリットがあるので、夏でも風が通る。

③天然杉のもつ断熱性が、熱くなったり冷たくなったりするスチールドアの冷気・暖気を遮断するので、内玄関が季節の影響を受けにくく、年間の室温のギャップが小さくなる。

使ってみて課題と感じたことは…
扉の上部にガラスを設けて内玄関を明るくする必要がある。ガラスは複層(ペア)ガラスを採用すべし。

網戸付の通気スリットを開閉式にする。今よりも開口部は大きくする。

上記2点をクリアしてデザインする。これが難しいですね。

再来月の11月に、3戸目のモデルルームをつくるのでここでお披露目する予定です。
皆さん、期待してください。

杉と桧のオリジナル商品がご覧になりたい方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/top/index.php

実際にモデルルームで確かめたい方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/about/modelroom.html

この記事を書いたプロ

髙岡恭平

人生100年時代の健康と家計を守る天然木リフォームのプロ

髙岡恭平(森林浴生活株式会社)

Share
関連するコラム