まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
髙岡恭平

人生100年時代の健康と家計を守る天然木リフォームのプロ

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

森林浴生活株式会社

お電話での
お問い合わせ
078-766-2435

コラム

杉&桐の本棚と一体型の杉の引き戸

マンション 杉 引戸

2012年12月26日 / 2018年8月8日更新


【リビングと和室を仕切る杉の引き戸】

先日のコラムで紹介した壁の厚みをうまく利用した省スペースすき間収納、杉と桐の本棚にやっと杉の引き戸が入りました。

普通、洋間と和室を仕切る引き戸は、襖かクロス貼りですが、ここに無垢材がくると雰囲気が変わります。
対面にあるリビングの壁が横貼りの杉の木壁なので、この建具も横貼りでつくりました。


【杉と桐の収納棚】

早くも子供さんのおもちゃが棚を占領しています。2歳の僕ちゃんが本を入れるのを許さないのだそうです。可動棚になっているので高さは自由に変えられます。
先日、塗り終わった白いしっくいの壁との相性が抜群だとお客様に喜んでいただきました。


【和室側から見た写真です】

右手の相当古い壁紙や木枠とも全く違和感がありません。これが無垢材の包容力なのです。


【桐の板を和室側から見た写真です】

杉は横の木目、桐が縦の木目ですが、桐が1枚もので色が薄いので柄的にケンカしません。


【杉の引き戸の断面です】

工業製品の建具の断面は化粧の単板が貼ってあります。
無垢材は木目がデザインなので余計なことをする必要がありません。

もちろん、無垢の引き戸はサイズフリーなのでどんな高さや幅でも作れます。

こんな無垢の引き戸に興味のある方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/top/index.php

実際にモデルルームで無垢の引き戸をご覧になりたい方はこちら⇒http://forestreform.co.jp/about/modelroom.html

この記事を書いたプロ

髙岡恭平

髙岡恭平(たかおかきょうへい)

髙岡恭平プロのその他のコンテンツ

Share

髙岡恭平のソーシャルメディア

google-plus
Google+
facebook
Facebook

髙岡恭平プロのその他のコンテンツ