まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
naomi

オーダーメイドで家をつくる住空間デザインのプロ

naomi(なおみ)

建築プランナー株式会社 一級建築士事務所

コラム

住空間デザイナーnaomi ~ わたしのいえ ~ 『 F 』(玄関)

家づくり A TO Z

2015年1月8日 / 2016年8月29日更新

『 F 』~Floor(フロア)の巻~



うちは、スキップフロアスキップ です。
スキップフロアの 2Fリビング。


これは、土地が決まる前から決めてた
私の中のマイホーム条件です。


オーナーサマから受ける 結構多いご相談ゴトの中で、
1Fリビング or 2Fリビング どっちがいいだろう・・・
っていうのがある。


なので、
まだ計画前に どちらがいいか決定していない場合は、
ご要望を聞いたうえで、
両方のプランを作って見てもらって、
いろいろシュミレーションしてもらって
そのご家庭ごとのコタエを導いてっております。


2Fリビングの場合は、気をつけないと、
とても不便な家になっちゃうので要注意。


  ~2Fリビング の メリット~

   ・天井が高く気持ちのよいリビングにしやすい。

   ・構造が強い状態で、広い空間をとりやすい。

   ・明るく通風の良い リビング にしやすい。


  ~2Fリビング の デメリット~

   ・防犯面。

   ・ごみ捨て。

   ・年老いた時の2階への上り下り。


・・・と、などなど、他にもいろいろございますが、


代表的にはこんな感じかなー。


でも、私はこのデメリットをわかった上でも
2Fリビングの メリット はスバラシイ!!


と、思ってオリマス。


そのかわりっていうか、
設計で これらのデメリッ トをカバーしていくのが
腕のみせどころ!!でございます。



ウチの家は、先ほども申したように、スキップフロア。


5層のイエです。



下から順にご紹介してまいりますとー



まず1層目は『半地下収納の階』


普段使わないモノとか、
季節モノとかの収納スペース。


天井高は1.7mくらいやけん、
わたしはアタマぶつけることはない。


アーツ君の魚釣りセットとか、
ホークスグッズなどもここに収納。


思っていた以上に、何かと便利で重宝しているフロア。


そして2層目は『エントランス と プライベートの階』



プライベートって言っても、
今はオープンにしとうけん、
プライベート感はまるでないケドね。


将来は、必要になったら


アーツ部屋
寝室
子供部屋


と、3部屋に区切る予定。




続いて3層目は『水周りの階(洗面+バスルーム+トイレ+洗濯室)』



寝室の階と、リビングの階の中間にあるけん、
行き来しやすくって、大変便利。


インテリアや照明を少し暗い感じに設定して、
落ち着いたフロアに仕上げました。



そして4層目は『リビングの階』



青空が楽しめる リビング。


リビングの横に、小さな部屋、フリースペースを設けてます。
なんせ、まだまだ不確定要素が多い我が家ですけん。


パントリーとして活躍するかもしれんし、
ベビーベッドや、オムツ置き、オモチャ置きスペースになるかもしれん。


パソコンスペースとして使われる日がくるかもやし、
部屋が足らんくなって、アーツ君の部屋になるかもしれん。。。



で、最後の5層目は『屋上テラスの階』



層は違うけど、リビングに繋がってます。


山がすごくキレイに見える。
夜景もキレイ。


日向ぼっこに、湯涼みに、
さりげなく生活を豊かにしてくれる
お気に入りの 我が家の展望台。



こんな感じで紹介したら、
広い家っぽく感じてくるけど、
コンパクトな ワンルーム的 マイホーム。


平屋に憧れるけど、土地の広さ的にも
コスト的にも かなわない・・・


そこで、
5層の スキップフロア にすることで、


平屋空間の良さを組み込みながら、
空まで楽しめちゃう家にしました。


生活してて、
あまり階の境を感じさせない家です。


階段はゆったり設計にして、
上り下りが楽なようにしたり、


1Fは、人が入れないような
細い窓しかつけてなかったり、


その他 モロモロな工夫をしておりますよ~。



この、フロア計画は、重要ポイント。だと思いますけん、


「 リビングは1階くさ~。」
って決めてある方も、


「 もし、2Fリビングだったら ?? 」
「 スキップフロアだったら ?? 」


って、1度 想像してみられるのも
楽しいのではないでしょーか??

建築プランナーの最新情報はブログで日々更新しています!
こちらからご覧ください。
『けぴろぐ』

この記事を書いたプロ

naomiプロのその他のコンテンツ

Share

naomiプロのその他のコンテンツ