まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
中村伸子

家族関係のトラブルを解決する法律のプロ

中村伸子(なかむらのぶこ)

あおぞら法律事務所

コラム

遺言書の変更/女性弁護士による法律相談・福岡

相続

2013年8月8日

Cさんのご相談
「私は,10年前,夫に先立たれ,夫の遺産は全て私が相続し,長男夫婦と同居していました。
同居して1,2年は,長男も嫁もとてもよくしてくれていたので,
長男に全部の遺産を相続させる旨の遺言書を公証役場で作りました。
ところが,長男夫婦の態度が変わってしまい,私に罵声を浴びせるようになったので,
私は長男の家を出て,次男夫婦と同居することになりました。
次男夫婦はとても優しくしてくれますので,
長男に全部相続させるとの遺言書を作ったことをとても後悔しています。
次男に遺産を多くあげる形に遺言書を変更したいのですが,どうしたらよいですか」


 法律相談は,電話でのご予約をお願いいたします。
 あおぞら法律事務所の電話番号はこちらです↓
 092-721-1425
 相談料は,30分5000円(税別)となっておりますが,
 法テラス(相談料立替制度)利用などにより,無料相談となることもあります。
 あおぞら法律事務所のHPはこちらです。
 http://www.aozorahoritsu.com/
 お電話やメールでの法律相談は,原則として受けておりません。
 法律問題は,相談者の方の個別の事情に応じて,複雑になる場合が多く,
 直接お会いして,じっくりとお話を伺って,ご相談に応じたいと考えております


遺言書は,遺言者によって,いつでも撤回できるとされています(民法1022条)。
また,特に遺言書を撤回する方法を取らなくても,
前に作成した遺言書の内容と,後に作成した遺言書の内容が抵触する場合には,
その部分は,撤回したものとみなすことととされています(民法1023条1項)。
遺言をした方の最終意思を尊重すべきだという視点から,これらの規定ができているのです。

Cさんは,遺言の撤回や新しい遺言を作成することによって,遺言の内容を変更することができます。
なお,公正証書の遺言と自筆証書の遺言では,効力に差はありませんので,
新たに作る遺言書は,公正証書遺言でなくてもかまいません。
ただ,形式を誤ると遺言書が無効となってしまいます。
事前に弁護士にご相談されることをおすすめします。

この記事を書いたプロ

中村伸子

中村伸子(なかむらのぶこ)

中村伸子プロのその他のコンテンツ

Share

中村伸子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
092-721-1425

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中村伸子

あおぞら法律事務所

担当中村伸子(なかむらのぶこ)

地図・アクセス

中村伸子のソーシャルメディア

twitter
twitter
2013-07-10
facebook
facebook