まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福岡
中村伸子

家族関係のトラブルを解決する法律のプロ

中村伸子(なかむらのぶこ)

あおぞら法律事務所

コラム

離婚のとき親権の決め手になるのは/女性弁護士による法律相談・福岡

離婚・親権

2013年7月7日 / 2014年3月18日更新

Aさんのご質問
「離婚することになりました。
子どもとは,絶対に離れたくありません。
私はパート勤務で,公務員の夫のほうがかなり収入が高いのですが,
子どもの親権は,夫に取られてしまうのでしょうか。」
未成年のお子さんがいらっしゃる場合,離婚の際には,必ず,どちらを子どもの親権者とするかを決めなければなりません。
離婚については,合意ができていても,親権について,どちらも譲らず,合意が出来ない場合,
家庭裁判所の調停や訴訟で決めることになります。

  
  お電話で法律相談のご予約をお願いいたします。
  092-721-1425
  相談料は,30分5000円(税別)となっておりますが,
  法テラス(相談料立替制度)利用などにより,無料相談となることもあります。
  あおぞら法律事務所のHPはこちらです。
  http://www.aozorahoritsu.com/

親権というのは,法律上は,
監護教育権(子どもの日常生活の面倒を見る権利や義務),
居所指定権(子どもがどこに住むかを決める権利),
財産管理権(子どもの財産を管理する権利),職業許可権,懲戒権などをまとめて指す言葉です。

家庭裁判所で調停や訴訟の際には,
子どもにとって,どちらの親といる方が,幸せに,精神的に安定した生活ができるか,
という視点から判断されることになります。
さらに,平成25年1月1日施行の家事事件手続法において
家庭裁判所は「子の意思を把握するよう努め」,「その意思を考慮しなければならない」と規定され,
より一層お子さんの意思を尊重することとなりました。

はたして,収入が高い親と生活する方が,子どもさんにとって幸せでしょうか。
収入の高さが決め手にはなるわけではありません。。 

詳しいことは弁護士にお尋ねください。

この記事を書いたプロ

中村伸子

中村伸子(なかむらのぶこ)

中村伸子プロのその他のコンテンツ

Share

中村伸子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
092-721-1425

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中村伸子

あおぞら法律事務所

担当中村伸子(なかむらのぶこ)

地図・アクセス

中村伸子のソーシャルメディア

twitter
twitter
2013-07-10
facebook
facebook