マイベストプロ福井

コラム

人的資本の開示が義務化へ

2022年6月23日

テーマ:コラム

コラムカテゴリ:ビジネス

おはようございます。福井の社会保険労務士 北出慎吾です。ここ最近のニュースで、アイスが値上がりしていると聞きました。そういえば、大好きな森永製菓の「チョコモナカジャンボ」「バニラモナカジャンボ」も値上がりしていたような。じわりじわりと値上がりが続くと家庭に響くというのが分かりますね。

最近、企業の「人的資本」という言葉を耳にする機会が増えてきました。そうなんです。政府は、企業の「人的資本」への情報開示に向けて本格的に動き出きだしています。政府の資料によると従業員の育成法や賃金格差など人への投資を映す19項目について
・「価値向上」
・「リスク管理」
・「独自性」
・「比較可能性」
の4つの基準で整理・分類します。具体的には、投資の目的を「価値向上」か「リスク管理」の2つで分かるようにします。例えば従業員のスキルを高める教育への投資は、「企業価値を高める」ものと位置づける。一方でコンプライアンス(法令順守)の研修は、「経営のリスクを抑える」投資と考える。また、数値化できるかの視点で「独自性」と「比較可能性」では例えば研修やスキル向上のプログラムは、必ずしも他社と比べて評価すべきものではないものとして「独自性」に分類される。研修時間や管理職に占める女性の比率、男性の育児休業取得率、男女の賃金格差は「比較可能性」に分類される。
このように企業が人に対してどのような取り組みをしているかを示したり、数値を表すことで「人的資本」への関与が確認できます。見えないものを数値化すること、可視化することは判断基準にもなります。評価制度にも通じるものですね。ちなみに開示が望ましい19項目は
1.リーダーシップ
2.育成
3.スキル/経験
4.エンゲージメント
5.採用
6.維持
7.サクセッション
8.ダイバーシティ
9.非差別
10.育児休暇
11.精神的健康
12.身体的健康
13.安全
14.労働慣行
15.児童労働/強制労働
16.賃金の公平性
17.福利厚生
18.組合との関係
19.コンプライアンス/倫理
と示されています。これらは人的資本情報開示の国際規格ISO30414をベースに作られていると言われています。「人を大切にする経営」経営者、社員共に同じ方向を向いて価値を高めていく。大事なことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7月14日「採用定着セミナー」を開催します!
無料セミナーでZOOMで開催します!
・今から未来人材を採用したい。
・求人を出しても反応がない
https://synergy.kkr-group.com/2022/seminar/7282/
ぜひこちらからどうぞ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近はオンラインでの相談も増えていますので、ぜひこちらから。
https://kkr-group.com/inquirys
福井の社会保険労務士
北出経営労務事務所/シナジー経営株式会社

【編集後記】
夏の暑い時のアイスの一口は最高です。そろそろ差し入れもしようかなww

この記事を書いたプロ

北出慎吾

社会保険労務士として企業の成長に寄り添う人事労務のプロ

北出慎吾(北出経営労務事務所)

Share

関連するコラム