マイベストプロ福井
北出慎吾

社会保険労務士として企業の成長に寄り添う人事労務のプロ

北出慎吾(きたでしんご)

北出経営労務事務所

お電話での
お問い合わせ
0776-58-2470

コラム

10連休後に新入社員が辞めてしまう職場10の共通点

2019年5月9日

テーマ:お役立ち情報

GWが明け、仕事への取り組み状況はいかがですか?
「連休明け、なかなか調子が上がらない」
「いつもどおり、仕事をしているよ」
「GW明けからエンジン全開!」
と様々かもしれません。




ネットで調べてみると「休み明け、気持ちをどう切り替える?」などの記事が多く出ていました。

そんな中、ビジネスインサイダーに「10連休後に新入社員が辞めてしまう職場10の共通点」が紹介されていました。

1.そもそも職種として離職率が高い職場
2.一緒に過ごしたくない人がいる職場
3.新人に過剰な幻想を抱く職場
4.進化の気配のない職場
5.未来が感じられない職場
6.挨拶のない職場
7.ネガティブな発言が多い職場
8.ルールがわかりづらい職場
9.働く意味が分かりにくい職場
10.自分自身に関心が払われない職場

3年以内に離職する新入社員の割合は、大卒で毎年3割程度あるとされています。

あなたの会社にはGW明けに元気がない新入社員はいらっしゃらないでしょうか?

入社して1ケ月。

新入社員とのコミュニケーションギャップによる離職は、今ならまだ間に合います。

積極的に新入社員とコミュニケーションをとり、将来の有望株に育てましょう。

自分が新入社員の頃を思い出してみてください。

近くに頼りになる先輩・上司がいたはずです。

2019年5月29日(水)
※人手不足を乗り切るための「採用力強化」セミナー開催します!


※2019年助成金活用セミナー開催します!






【編集後記】

5月に入り、巷ではクールビズですね。
昔は、6月だったのに今は5月からクールビズ。
当社は気温の状況を確認し、
もう少し様子を見ようと思っています(笑)

この記事を書いたプロ

北出慎吾

社会保険労務士として企業の成長に寄り添う人事労務のプロ

北出慎吾(北出経営労務事務所)

Share
関連するコラム