まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福井
北出慎吾

社会保険労務士として企業の成長に寄り添う人事労務のプロ

北出慎吾(きたでしんご)

北出経営労務事務所

お電話での
お問い合わせ
0776-58-2470

コラム

 新入社員への接し方を考える

2018年4月5日

・指示がいつも急で、かつ具体的な説明や理由や背景の説明が殆どなかった。

・待ちの時間が多く、適切なフォローを受けてもらえなかった。

・話しかける人がほとんどいなく、なんとなく社内の雰囲気も暗かった。


上記のコメントはある時期の社員のコメントとして
上位に挙がってくる言葉です。
いつの時期かお分かりになりますか?

答えは、
【入社後、早期(1~3ヶ月)で離職した新入社員】
の退職理由です。

これは東京のある人材教育会社の調査結果ですが
当てはまるなあと感じる方も多いと思います。

「人事白書2015年」によると、若年者に対する有効な
離職防止策の1位に、3年連続「上司による定期的な面談」
が挙げられています。
あなたの会社は定期的な面談を実施していますか?

「面談と言っても、仕事が忙しくて時間が取れないなあ」
とおっしゃる経営者、上司の方もいらっしゃいます。
しかしながら、人手不足の昨今、離職が続くと
社内の労務環境も悪化します。
結果、ますます人手不足が加速します。
業績にも影響を及ぼします。

ここでいう面談とは、社員の仕事ぶりや目標状況を確認する
面談です。時にはSOSを出してくる社員もいるかもしれません。
定期的な面談は離職防止だけでなく、目標達成への軌道修正にも大きく役立ちます。

一人15分や30分の面談は重要な社員教育の一環。
ぜひ実践してみましょう。
やれることはやってみる。
重要な経営判断です。

この記事を書いたプロ

北出慎吾

北出慎吾(きたでしんご)

北出慎吾プロのその他のコンテンツ

Share