まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
中村諭

家族の笑顔を支援する住宅ローンのセカンドオピニオン

中村諭(なかむらさとし)

住宅ローンソムリエ(R)

コラム

住宅ローンを借換えるその前に…繰上げ返済と比較してみよう

住宅ローン

2018年8月2日

低金利の今のうちに住宅ローンを借換えたいとお考えの方は多いかと思います。
ですがその前に、「住宅ローンを借換えた場合」と、「今の住宅ローンを繰上げ返済した場合」とで比較検討をしてみましょう。

以前、「住宅ローン借換え」と「繰上げ返済」、両方のメリット・デメリットについてお話をしました。

住宅ローン借換えのメリットとデメリット
住宅ローン 繰上げ返済 『6つのデメリット』

それらをふまえた上で、比較してみましょう。

借換えと繰上げ返済の大きな違いは、「手持ち資金を使用するか否か」です。
借換えは、諸費用もローンに組込める金融機関を選べば、手持ち資金を使用せずに完了する事が出来ますが、繰上げ返済は確実に手持ち資金を使用します。
手持ち資金に余裕がある状態なら問題ありませんが、もしあまり余裕がない状態で繰上げ返済をしてしまうと将来の自分を苦しめる事になりかねません。
手持ち資金に余裕がないけれど、住宅ローンの状況を改善したいという場合は、繰上げ返済ではなく諸費用を含めた借換えを検討してみると良いかと思います。
但し、諸費用の分だけローン残高を増やす事になりますので、その点を納得した上で借換えを検討していただきたいと思います。

見逃しがちなのは、ご自身の時間や労力に関する部分です。
繰上げ返済はインターネット上でも完結できますが、借換えは銀行選びに始まり必要書類の調達や銀行訪問等の時間と労力が必要です。
諸費用を含めた借換えと繰上げ返済を比較した結果、効果がそう変わらない場合、手持ち資金に余裕があれば繰上げ返済、手持ち資金を減らしたくないのであれば借換えるというのも一つの選択方法ですね。

皆さんの考え方によって判断が変わってきますので、借換えと繰上げ返済、是非よく比較して充分納得した上で選択してくださいね。
ご参考になれば幸いです。

----------
↓ 弊社HPも是非ご覧ください ↓
http://www.shinkyo-jp.com/【住宅ローンソムリエ®】
↓ ご相談はこちらからどうぞ ↓
http://www.shinkyo-jp.com/contact2/
----------
《貸金業登録》
ローンの借り換え・銀行交渉を事業として行うには、貸金業免許の取得(金融庁への登録)が必要ですが、
弊社は、金融庁登録済み[千葉県知事(1)第03882号]のFP事務所ですので、安心してご相談ください。
無登録で行うと「10年以下の懲役」か「3,000万円以下の罰金(法人は1億円以下)」が科されるようです。
弊社は「住宅ローン・アパートローン」に関して、法律を正しく遵守したいFPや税理士さんからのご依頼も多数ある、「融資媒介を業とする」FP事務所です。

この記事を書いたプロ

中村諭

中村諭(なかむらさとし)

中村諭プロのその他のコンテンツ

Share

中村諭プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
047-339-7251

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中村諭

住宅ローンソムリエ(R)

担当中村諭(なかむらさとし)

地図・アクセス

中村諭のソーシャルメディア

facebook
Facebook

中村諭のソーシャルメディア

facebook
Facebook

中村諭プロのその他のコンテンツ