マイベストプロ

まちの専門家をさがせるWebガイド全国版

  1. マイベストプロ TOP
  2. メンタル・カウンセリングの専門家
  3. キャリアカウンセリング
  4. 女性が多い職場の人間関係は怖い?女性の多い職場で失敗しないための方法

女性が多い職場の人間関係は怖い?女性の多い職場で失敗しないための方法

女性が多い職場の人間関係

女性が多くを占める職場ほど、人間関係の難しさがあると言われています。それは嫉妬心や群れたがる、主観的な価値判断といった、女性に見受けられる傾向とは決して無関係ではありません。そのような職場にて人間関係の失敗を避けるためには、女性ならではの考え方や、行動原理などを知ることが第一歩となり得るでしょう。ここでは、女性が多い職場での問題点や、トラブルの解決につながる対処法について、詳しく解説していきます。

女性が多い職場で人間関係が難しい理由とは

一般的に女性が多い職場ほど、良好な人間関係を築くのが難しい傾向があるようです。もちろん個人差はありますが、その理由として、次の3つが考えられます。

・嫉妬が生まれやすい
・派閥が作られやすい
・主観的に価値判断されやすい

嫉妬が生まれやすい

どちらかと言うと女性のほうが、仕事だけでは収まらず、プライベートの双方にて嫉妬心に囚われやすくなりがちです。

主に女性から嫉妬を受けやすいパターンとして、次のようなものがあげられます。

・仕事で好成績を記録(売上や開発など)
・職場の評判が良い(上司や取引先など)
・高学歴(四大卒、大学院卒)
・年齢
・容姿
・ファッション
・既婚者、婚約者、恋人がいる

何をどう注意したら良いのかわからない項目ばかりなのではないでしょうか。

派閥が作られやすい

女性の多い職場では、派閥やグループが形成されやすく、人間関係をあえて複雑なものにしてしまうとも言われています。

トイレに一緒に行ったり、食事をともにする相手がいないと「ぼっち」と認定されてしまうのは、学校も職場も変わらないのかもしれません。

しかも職場の派閥やグループは、陰湿な"いじめ"などにつながるケースがあるため、厄介であることだけは確かです。日々の業務にも影響を及ぼすことになるでしょう。

主観的に価値判断されやすい

女性の場合、仕事として客観的に見るのではなく、主観で相手を判断しやすい傾向があるとのこと。たとえば「あの人はいい人」となれば、驚くほどスムーズに物事が進みます。

一方、「あの人キライ」と認定されてしまいますと、面倒極まりないです。仕事のサポートどころか、仕事の邪魔をしてきたとしても不思議ではありません。

「いい人」や「キライ」があくまでも本人の主観でしかないため、対策の立てようがないのが困ったところです。

女性が多い職場において考えられる人間関係トラブル

女性の人間関係トラブル

女性が多い職場では、次のような人間関係のトラブルが想定されます。

・いじめ・嫌がらせ・陰口
・無視
・密告

どことなく小中学生の"いじめ"に近いものを感じる方もいるかもしれません。
大人が"いじめ"をしているのですから、子どもの"いじめ"がなくならないのは無理もないでしょう。

いじめ・嫌がらせ・陰口

度を過ぎた嫉妬心や主観的なモノの見方は、いじめや嫌がらせ、陰口といった形で表れます。特にグループや派閥に入らなかった人ほど、ターゲットとしてロックオンされるでしょう。

仕事全体の進捗状況にも関わると思われるのですが、兎にも角にも「あの人キライ」の優先順位が上になってしまうのかもしれません。

無視

人間関係のトラブルの中でも、存在の意図的な無視は、その人の尊厳を徹底的に失わせる行為と言えるでしょう。戴き物やお土産を配ってもらえなかったり、仕事の大事な連絡事項を伝えてもらえないなどが考えられます。

密告

「密告」も人間関係のトラブルに含まれます。たとえば仕事上のミスや違反行為などが、いつの間にか社内中に知れ渡っていたというケースです。

成果主義が強い職場では、少しのミスが評価に影響することも珍しくありません。意図的に足を引っ張る目的での密告もあり得ます。

違反行為の場合、「みんながそうしているから」という形で、知らず識らずのうちに違反行為に手を染めていることも考えられます。

コンプライアンス上の問題があるため、「断る勇気」を持つことも自分の身を守ることにつながるでしょう。

女性が多い職場で人間関係の失敗をしないためには

女性が多い職場のトラブル対処法

学生時代の友人ではないので、プライベートなど何もかも洗いざらい話す必要はありません。ただし挨拶と言葉遣いには細心の注意をはらいましょう。社会人は「好かれる」よりも「嫌われない」方向に意識をシフトするのもポイントです。

嫉妬させない

女性が多くを占める職場では、嫉妬させないことが人間関係を良好に保つためのポイントとなるでしょう。

たとえば派手なアクセサリーやメイクなどは避けて、できるだけ控えめな見た目にすることを心がけると良いかもしれません。

仕事上の成功や経歴、プライベートの充実度なども、あまりひけらかさないほうが、妬まれにくくなるでしょう。常に謙虚であり、かといって、卑屈にもなり過ぎないように振る舞うことが大切です。

隙を見せない

「隙を見せない」ことも、女性の多い職場における重要なスキルと言えます。嫉妬されるのも難儀ですが、見下されるのも人間関係のトラブルにつながるためです。なおかつ、些細なことで密告されないように、適度な距離感を保つようにしましょう。

学生時代の友人ではないので、プライベートなど何もかも洗いざらい話す必要はありません。ただし挨拶と言葉遣いには細心の注意をはらいましょう。社会人は「好かれる」よりも「嫌われない」方向に意識をシフトするのもポイントです。

悪口を言わない・乗らない

「人の不幸は蜜の味」という言葉が存在するように、そこにいない人の悪口ほど盛り上がりやすいものです。ついつい調子に乗って余計なことまで話してしまいますと、派閥関係に巻き込まれることもあり得ます。

陰口に対して「うんうん、そうですよね」と相鎚を打っただけなのに、自分の発言として広まったとしても不思議ではありません。

そうなってしまいますと、いくら釈明をしても「言い訳」としか取り合ってもらえず、まるで不倫の発覚後の会見をした芸能人のような扱いとなるでしょう。

女性が多い職場において人間関係でトラブルになった時の対処法

女性が多い職場のトラブル対処法

ここからは、女性が多い職場において、人間関係でトラブルになったとき、またはトラブルを避けるための対処法として、次の5つを紹介します。

・人間関係から距離を取る
・公私を明確に分ける
・自分の立場を強化する
・人事・労務への相談
・転職する

人間関係から距離を取る

職場の人間関係からあえて距離を取り、深入りしないようにすることが、結果的に自分の身を守ることにつながります。

職場の人たちとは、無理に仲良くなろうとしなくても問題ありません。もちろん仲良くなるに越したことはありませんが、業務に支障をきたさない程度にコミュニケーションを取ることが重要です。

その際、チャットツールやメールが役立つのではないかと思われます。特に相性の良くない相手とは、接触する機会を減らすことで、トラブルを招く確率を大幅に下げられるでしょう。

公私を明確に分ける

女性の多い職場では、仕事は仕事、プライベートはプライベートと、明確に分けることも大切です。

特にSNSでのフォローは、可能な限り避けましょう。
職場の同僚や上司が、友人関係に発展するほどであれば良いのですが、プライベートを見張られているような感覚に陥るかもしれません。
常に気が休まる暇がなく、過度なストレスの原因になることも考えられます。

自分の立場を強化する

「出る杭は打たれる」という言葉があると同時に、「出過ぎた杭は打たれない」という表現も存在します。

つまり、仕事でわかりやすい成果を上げる、出世する。などの嫌がらせができないような足場を築くことで、未然のトラブルを防ぐやり方です。芸能人やスポーツ選手で長く一線で活躍する方の王道のパターンでもあります。

とはいえ、自身の立場を強化するのは、相応に時間がかかるのも確かです。
自分にとって不要なものは受け流す「スルースキル(馬耳東風)」を身につけつつ、日々の努力を積み重ねていくことが求められます。

人事・労務への相談

職場の人間関係が悪化した際には、社内の然るべき部署(人事課など)に相談するのもひとつの方法です。ただし、状況や態勢をしっかりと見極めた上で実行に移しましょう。逆効果になることもあり得るためです。

転職する

職場での人間関係の問題において、「自分の力ではどうにもならない」と判断した際には、その職場から離れることも選択肢となります。

職場の人間関係で悩みが解消できない時はカウンセリングがおすすめ

女性の人間関係

職場の人間関係での悩みが自身では解決できない時には、カウンセリングを受けることも、対処法のひとつです。

カウンセリングとは

カウンセラーとの対話を通じて、相談者の悩みや不安などのストレスを解消することを目的として行われるのがカウンセリングです。

相談者が置かれている状況などを、ゆっくりと時間をかけて話をすることから始まります。誰かに話を聴いてもらうだけでも心が落ち着くこともあるかもしれません。

カウンセラーにできること

カウンセラーができることは、相談者の話を親身になって聴くことです。誰もができるように思われるかもしれませんが、実際には誰もができることではありません。何故ならば、大抵の人は「自分のこと」を話したい欲求が強いためです。

カウンセラーは相談者の話を聴きながら、その都度適切なアドバイスも行います。客観的な意見が得られることもカウンセリングのメリットです。

カウンセリングを受けることで、人間関係の問題の解決や、ストレスの軽減といった、精神を良好な状態に導く結果が期待できます。

カウンセラーの探し方

カウンセラーと一口に言っても、それぞれの得意分野が存在します。たとえば職場の人間関係についてのお悩みであれば、お仕事やキャリア形成について詳しいカウンセラーを選ぶことが重要です。

それから、カウンセリングの料金も注目しましょう。料金が高ければ高いほど良いというものではありません。無料のお試しなども設定されているところから始めてみることをおすすめします。基本的にはご自身の予算内でまかなえるレベルで収めたいところです。

まとめ

女性の多い職場では、特有の人間関係の難しさがあります。相手の気持ちや感情は、テレパシーなどの超能力を持つ方でないと理解できないケースも珍しくありません。

適度な距離を保つ努力や、スルースキルを習得する。悪口を言わないなど、自身で対応できることはしておいたほうが無難でしょう。

とはいえ、自分の力だけで解決できることは限られています。もし自身で対処しきれない場合には、第三者に相談することも選択肢に加えましょう。

特にカウンセリングの専門家に相談することで、別の視点に基づいた意見を得ることも考えられます。ひとりで思い悩まずに、まずは無料相談を受けてみてはいかがでしょうか。解決の糸口が見つかるかもしれません。

他の地域からキャリアカウンセリングの専門家を探す