マイベストプロ

まちの専門家をさがせるWebガイド全国版

  1. マイベストプロ TOP
  2. メンタル・カウンセリングの専門家
  3. キャリアカウンセリング
  4. 職場の人間関係で孤立しやすい女性とは?やってはいけない行動を解説

職場の人間関係で孤立しやすい女性とは?やってはいけない行動を解説

職場の人間関係で孤立する女性

職場の人間関係で孤立しやすい女性は、やってはいけない行動を無意識のうちに取っている場合があります。些細な出来事こそ、人から嫌われるきっかけになる可能性があります。孤立した場合、視点を変えたり行動を試みたりすることで、状況も良い方向に導かれやすいです。今回の記事では、職場の人間関係で孤立しやすい女性の特徴、やってはいけない行動、対処法についてご紹介いたします。

職場の人間関係で孤立しやすい女性とは?

女性の人間関係は、些細な出来事がきっかけとなり亀裂が入り、相手の反感を買ったり、職場で嫌煙されてしますケースが多々見受けられます。 
ここでは、職場の人間関係で孤立しやすい女性の特徴についてご紹介いたします。

嫉妬されやすい

女性が職場で孤立する原因として最も多い理由は嫉妬です。「仕事で自分より評価された」「営業成績が自分よりいい」など職場での嫉妬はざまざまです。

圧倒的に自分とは違う。。。雲の上のような存在ではなく、手が届きやすい普通の相手ほど、嫉妬の対象となりやすい傾向にあります。ブランド品をよく身に着けている、そんなつもりはないけれども自分が気が付かないうちに目立つ行動をとっていたり、相手を不快な気持ちにさせているかもしれません。このような嫉妬されやすい女性は孤立する傾向があります。

人によって態度を変える

2つ目は、接する相手により態度を変える女性です。自分をよく見せようとする気持ちが透けて見えるため、反感を買いやすい傾向があります。

自分を評価することになる上司や自分にとってメリットがある人には媚びた態度を取るのに、どうでも良い人には愛想なくふるまうところを見られたり、感じられたりすると不公平さを感じてしまいます。話す声のトーンも「人によって態度を変える」物差しとなるため気をつけましょう。

高い声は甘えた印象を与え、低い声は冷たい印象を与えます。特に、男性・女性で接する態度が大きく変わりやすい方は、良いイメージを持たれません。接する人によってコロコロと態度が変わる方は、職場の同僚女性からは孤立する傾向があります。

空気を読めない

空気が読めない女性も職場で孤立しがちです。

職場ではスタッフとコミュニケーションが必要な場面が多く存在します。真面目な話をしているのに、茶化すような発言をする。皆で楽しい話題でなごんでいるときに一人まじめな発言や行動をとってしまうと嫌悪感を抱かれたり、面倒くさい人と思われてしまいます。

相手が気にしていることを不意に話題にしてしまったり、腹立たしい思いをさせてしまっていることに気づかず、話しかけてしまっているかもしれません。そのような人には近づきたくないというのは当然のことでしょう。

気が利かない

4つ目は、鈍感で気が利かない女性です。知らず知らずのうちに周りにいる人の怒りを買ってしまっているケースがあります。

手助けが必要とされる人を、そのままボーっと見ているようなら、良い印象を持たれません。重い荷物を運んでいるなら「大丈夫ですか?」「持ちますよ」と一声かけられると嬉しいもの。

先読みした行動ができる方は、頼もしさを感じます。
目先の仕事を片付けるので精一杯な方も、周りの人の行動を察知しにくい部分から、気が利かない認定を受けることが多いです。
「無駄なことは極力したくない」自分優先な方も、率先して、人のためになる行動が取りにくいです。
気が利かない女性は、誤解を生みやすく対立を生むことも多いため、孤立しやすい傾向があります。

協調性がない

5つ目は、我が道を行くタイプで協調性がない女性です。マイペースすぎると、冷ややかな目を向けられやすいです。

女性が多い職場ではグループや派閥ができていることも多く、他者を立てる行動が重要となります。
「一緒にランチしない?」のお誘いも、乗り気でなくてもOKせざるを得ない場面もあるでしょう。
すべてのお誘いを「無理です」と断るなら、誰からも声がかからなくなります。
断り方が冷た過ぎると「バカにしている?」と、相手の神経を逆撫でしやすいです。
協調性がないと、相手の反感を買いやすく、結果的に職場で孤立する傾向が高くなります。

文句や愚痴が多い

6つ目は、文句や愚痴が多い女性です。ネガティブな言動が目立つため、近くにいるだけで気が滅入りやすいです。

「ねぇ、聞いて」と開口一番、他者の悪口を聞かされるならうんざりします。
文句について同調を促されていると感じるなら、支配された気にもなります。
話している方はイキイキしていても、聞く側は不満を溜め込んでいることが多いです。

「他の人には、私の文句や愚痴を言っているかな」と、あらぬ誤解を生むこともあります。
一緒にいると同類と見られてしまうことから、文句や愚痴が多い女性は孤立する傾向が高いです。

女性が職場で孤立してしまったときの対処法

職場の人間関係

女性が職場で孤立した場合、早めの対処法を取ることが大切です。そのまま放置すると、状況が良くなることは少なく、メンタル面にも影響を与える場合があります。
環境を無理に変えなくても、心の持ち方次第で状況を明るく捉えることも可能です。ここでは、女性が職場で孤立してしまったときの対処法についてご紹介いたします。

女性の上司や同僚に相談する

信頼できる女性の上司や同僚に相談する方法です。女性特有の人間関係の悩みを理解してもらえるほか、有効的なアドバイスにより問題解決を目指すことができます。
一人で抱えている悩みを吐き出すことができるので気持ちもスッキリしやすいです。

話を聞いてもらううちに、職場の人間関係で悩んでいるのは自分一人でないこともわかります。
状況を良くするため、直々に手助けしてくれることも考えられます。

また、なるべく口が固そうな相手を厳選することが大切です。
口が軽い相手に言うなら、噂話として周りに広がり、さらに立場が悪くなる場合があります。

「相談に乗って欲しい!」と強引に突っかかるより、低姿勢、堅い雰囲気の中、相手にアクションを取ることが大切です。
職場の人間関係で辛いことがあったなら、同性の上司や同僚に現状を打ち明けて、話を聞いてもらいましょう。

男性の割合が多い職場に転職する

職場の孤立に耐えられない場合、思い切って、男性の割合が多い職場に転職するのも一つの方法です。物理的に今の人間関係の悩みを解消することができます。

建築関係、工場・製造業は、男性の割合が多い職種でもあります。気さくな人間関係を築きやすくなり、今まで転職しなかったのが悔やまれるくらい、快適な環境で働けることがあるでしょう。

女性の多い職場では嫉妬が理由で孤立した場合、今後、嫉妬される心配は少ない、男性が多い職場に転職する方法もおすすめです。

仕事に集中する

職場で孤立している状況を受け入れた上で、仕事に集中する方法です。目の前の業務に集中すると、周りのことは気にならなくなります。

むしろ、孤立しているほど、職場でコミュニケーションを取る機会が減るため、気を遣わなく良いようになります。仕事終わり、飲みに誘われにくくなるため、すべて自分の時間に使うことも可能です。

仕事に集中して取り組むなら、向上心があると認められやすくなるため、良い評価を受けます。また、意外にも、すぐに人間関係で孤立している状態が終わる場合もあります。

「職場には仕事をするために通っている」と、当初の目的を振り返った上で、堂々とした対応を取りましょう。

職場以外の人間関係を充実させる

SNSなどで人とつながり、職場以外の人間関係を充実させる方法です。職場の「内」ではなく「外」に目を向けることで、自身に合う人を見つけられます。気の合う仲間ができると、仕事中、嫌なことがあっても「私には素敵な友達がいるから、まっ、いっか」と物事をあっけらかんとして考えられることでしょう。

趣味や好きなことを通じることで、気の合う仲間もすぐに見つけられます。
学生時代の友人と久しぶりに会ったり、飲みに行く約束を取り付けたりしても良いでしょう。
平日は仕事をおこない、休日は友人と楽しく過ごしていきましょう。
職場で孤立しても、外の人間関係を充実させると、自尊心を高く持ちながら仕事に集中できます。

自分磨きに徹する

今以上に魅力的な人間性になるため、自分磨きに徹する方法です。孤立している今こそ、自分自身と向き合う絶好のチャンスです。

人間関係を円滑にするために、自分磨きに励んでいきましょう。見た目を変える方法より、マナーや振る舞い方を正すなど、内面に意識を置く方法が効果的です。
「自分勝手」と言われた経験があるなら、相手を思いやる気持ちを持ちましょう。

物事を自分目線で見ず「相手は今どんな気持ちか」視野を高く持ち続けることが大切です。話題提供も、相手からどんな話を振られたらコミュニケーションを取りやすいか考えていきましょう。一方的な自慢話より、明るいトレンド感のある話題を提供した方が、聞く耳を持ちます。

しかし、無理して自分をつくろうとする行動は不自然な印象を抱かせるため注意してください。
地の自分は変えようとせず、向上させる行動に力を入れていきましょう。
人間関係の孤立状態こそ、自分の時間が作れる良い機会だとポジティブに捉えて、自分磨きに徹していきましょう。

女性の職場でやってはいけない行動

職場の人間関係

女性の職場でおこなうと、孤立をまねきやすい行動があります。
和を乱したり、反感を買う行動をとったりすると、人間関係がこじれやすいため注意していきましょう。
ここでは、女性の職場でやってはいけない行動についてご紹介いたします。

男性に愛想をふりまく

男性の前でニコニコと、愛想を良くし過ぎる行動です。
媚びを売っていると思われやすく、男好きとしたイメージがつきやすいです。
上目遣い+ボディタッチが多いなど、いわゆる「ぶりっこ」に分類される振る舞いは、受け入れられない女性が多いと言えます。
男性陣から「可愛い」と言われて「えへへ」とあざとい対応をとったり、仕事のできない部分は「〇〇くん、やってくれる?」と甘えたりする方を指します。

特定の相手におこなうならまだしも、複数の異性におこなうならあきれ返りやすいです。
男性に愛想をふりまく場合、女性からの好感度は低下しやすいため気をつけましょう。

他人の悪口に同調する

空気を読んだ発言であっても、他人の悪口に同調することです。
「悪口を言った」人と同じ扱いを受けます。

噂話の出どころは曖昧な部分があるため、場合によっては、悪口を広めた主犯格のような扱いを受けることがあるので気をつけましょう。
言い出しっぺの方は、名乗り出るメリットがないため、沈黙します。
最終的にはあなたに責任が押し付けられ、否定しても信じてもらえず、冷ややかな目を向けられやすいです。

>
その場のノリであっても「ウザいよね」の悪口には「わかる」と同調してはいけません。
「そうなんだ」とあくまでも、愚痴を聞くのみの姿勢でいたり、場の空気を見て「そういえば、昨日のドラマ見た?」と、自然に話題を変えたりしましょう。
良かれと思って同調した悪口も、結果的に職場での立場を悪くすることがあるので気を付けましょう。

自慢話をする

良いことがあるとつい口にしやすい、自慢話です。聞き手は、楽しく聞いていない場合が多いので気をつけましょう。

むしろ「嫌味?」「私を馬鹿にしてるの?」と嫉妬心から、イライラしていることが多いです。
「ナンパされて〜」のモテ自慢をはじめ、ブランド品を買ったなどのお金持ちアピールまで、自分を高く見せる話題が挙げられます。

「〇〇さんに細いって言われちゃった、私はそんなことないんだけど〜」と謙虚にみせた自慢もあります。

自慢話を徹底しておこなうなら、近くにいる人をうんざりさせやすいです。
嫉妬を通り越して空気を読めない人と思われやすく、職場で孤立しやすいため気をつけましょう。

プライベートの話をする

プライベートの話も、内容によっては人を選ぶ話題となります。
家族や身内を絶賛する話題こそ、場合によっては自慢話に受け取られるため気をつけましょう。

「夫が内緒で高級ディナーを予約してくれた」の話題こそ、ストレートに嫉妬心を煽りやすいです。

何気ない「友達と旅行に行った」の話題でも、相手は「幸せそうでいいね」と腹の内で思っていることがあります。
何気ない「話題のカフェに行った」話題も「悩みがなさそうで良いね」と、ひねくれた見方をされる場合もあります。
会話をする中で、相手の顔が曇り始めたら、地雷の話題を踏んでいる可能性があるので注意が必要です。
プライベートな話はできるだけおこなわず、当たり障りのない話題を提供していきましょう。

リーダー格の女性に逆らう

リーダー格の女性には逆らうと、自身の立場が危ういものになります。
取り巻きの女性たちも敵に回すことになるため、分が悪くなります。

職場で心地の良い人間関係を築くためには、権力のある女性には逆らわないことが一番です。
当たり障りのない話題には、同調することをおすすめします。
「あの恋愛ドラマ面白いよね〜」などの話題なら「そうですね」と息を吐くように肯定していきましょう。
「いや、私はそうは思わないです」と、気取った回答をしようものなら、反感を買います。

気分は女優、リーダー格の女性が喜ぶ台詞を口にしていきましょう。
また、相手と共通点を見つけると、親しみやすさを演出できます。
職場の人間関係を平穏無事に保ちたいなら、リーダー格の女性には逆らわないことが大切です。

カウンセラーに相談するのも有効な方法のひとつ

職場の人間関係カウンセリング

職場の人間関係で孤立した場合、カウンセラーに相談するのも一つの方法と言えます。
専門的な目線から見たアドバイスを受けられるため、状況に対して的確な対処法がとりやすくなります。
悩みを共感して聞いてくれるため、気持ちも軽くなりやすいです。
ここでは、カウンセラーに相談するのも有効な方法のひとつの理由についてご紹介いたします。

カウンセリングとは

カウンセリングとは、対話を通じて心のケアをおこない、助言を通じて悩みを解決へ導く方法です。
職場の仕事・人間関係の悩みをかかえた、相談者のサポートをおこないます。
自身の抱えている気持ちを客観的に見たり、今後どうしていきたいか本音が見えたりすることがあります。

カウンセラーは話に否定したり、批判したりする対応は取りません。
悩みを通じて、一緒に考える姿勢をとってくれます。
カウンセリングをおこなうことで、今の状況を良くするヒントを得られます。

孤立してしまったときの心のケア

カウンセリングでは、職場で孤立して悩んでいる女性の心のケアもおこないます。
人間関係の悩みについて寄り添ってくれるため、気持ちも楽になります。

メンタル不調により仕事に身が入らなくなる状況から、心の回復に向けて一歩を踏み出しやすいです。
視野を広げた考え方ができたり、自分は一人ではないことに気が付けたりします。
心のケアをしてくれるカウンセラーに依頼することで、気持ちが楽になりやすいです。

女性の働き方を見つめなおす

女性の働き方を見つめなおすきっかけにつなげたい方は、キャリアアップに詳しいカウンセラーに依頼しましょう。
今後どのような働き方をおこなっていくか、未来像が定まりやすくなります。
仕事に対する目標を見失っていると、孤立しているときこそ、どのような行動に出たら良いかわからなくなるもの。
働き方を見つめ直す良いきっかけにつなげましょう。

転職を検討している女性は、キャリアアップに詳しいカウンセラーに依頼してください。
心のケアをおこなった上で、自身のキャリアアップの形成に役立てられます。

まとめ

職場の人間関係で孤立しやすい女性には共通する傾向があります。
自分優先な立ち振る舞い、相手の神経を逆撫にする行動を取ると、周りの反感を買います。
気が利かなかったり、文句や愚痴が多かったりする場合も、孤立をまねきやすいため気をつけましょう。

孤立しないためには、女性が職場でやってはいけない行動があります。
自慢話をしないことはもちろん、プライベートな話もできるだけ避けるようにしてください。
リーダー格の女性に対して逆らうことなく、当たり障りのない話題には、同調した態度を取ることが大切です。
職場の人間関係で悩んだ時は、カウンセラーに相談するのも一つの方法です。
優しく気持ちに寄り添い、心のケアをおこないます。

キャリアカウンセラーに依頼する場合、自身の働き方を見つめ直す良いきっかけにつなげられます。
今回は、職場の人間関係で孤立しやすい女性の特徴についてご紹介いたしました。

他の地域からキャリアカウンセリングの専門家を探す