まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
木村哲治

美容医療のプロ

木村哲治(きむらてつじ)

カメイクリニック富山院

お電話での
お問い合わせ
076-439-5193

コラム

ボトックスによる小顔治療とは何か

ボトックス

2018年3月1日 / 2018年6月8日更新

まずはじめに、いわゆる「エラが張った状態」を正式には特発性咬筋肥大症と呼びます。

これまでの経験上ボトックスによる小顔治療を希望される方の多くが習慣的に歯ぎしりをしておられるように感じます。歯ぎしりには歯をこすり合わせるようなタイプと力強く噛みしめるタイプの2通りあるようで、前者はギリギリという音がするので自分でも分かりやすいのですが、後者は音がしないため、朝起きたらあごがダルく感じたり、歯科医院で歯がすり減っていることを指摘されて初めて気付く方が多いようです。ちなみに私は前者でした。

エラの部分に手を軽く添えて奥歯を噛みしめると力こぶができるのを感じ取ることができます。これが咬筋というものを噛むための筋肉です。歯ぎしりというのは夜通し咬筋の筋トレをしているようなものなので次第に咬筋が目立ってきます。そうなると筋肉は常に緊張しているような状態になり、なお歯ぎしりをおこしやすくなるという悪循環に入ってしまいます。

ではこれとボトックスと小顔がどう関係があるのかというと、ボトックスは筋肉の過剰な緊張を除いてくれます。そうすると真夜中の筋トレすなわち歯ぎしりが止まり咬筋のボリュームも減っていきます。その結果頬部の厚みが減ってフェイスラインがすっきりというわけです。筋肉が減るといっても日常生活で咬筋は必ず使っているので減り過ぎてコケてしまうことはありません。

ボトックスによる小顔効果というのはこうした理屈によるものです。

この記事を書いたプロ

木村哲治

木村哲治(きむらてつじ)

木村哲治プロのその他のコンテンツ

Share

木村哲治プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
076-439-5193

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

木村哲治

カメイクリニック富山院

担当木村哲治(きむらてつじ)

地図・アクセス

木村哲治プロのその他のコンテンツ