まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
宮崎宜夫

ゴキブリ・ねずみ駆除のスペシャリスト

宮崎宜夫(みやざきやすお)

有限会社ミヤザキ

お電話での
お問い合わせ
0120-44-0264

コラム

ゴキブリ駆除における薬剤散布の効果と効能期間

ゴキブリの駆除・退治

2015年11月16日

薬剤の散布は昔から行われており、一般的なゴキブリ駆除の方法です。
ゴキブリを駆除する業者が行なう薬剤の散布で、ほとんどのゴキブリはせん滅できるといわれています。
ゴキブリ駆除の薬剤散布の効果と効能期間について紹介します。

ゴキブリを駆除する業者が行なう一般住宅の薬剤散布について

ゴキブリをはじめ、ダニ、ノミ、ハエなどを対象にした一般住宅の薬剤散布では、まず、室内を閉め切って、安全で環境にやさしい薬剤の噴霧を実施します。
次に、キッチンにあるガスコンロの下など、薬剤が届きにくい場所にも入念に薬剤を噴き込みます。
住宅
薬剤を噴霧した後、120分くらいは室内に入れませんが、室内を長時間密閉するほど効果があります。
だいたい、一般住宅の薬剤散布の施工が完了するまで1~2日間はかかり、費用は、1坪で300円前後といわれています。

ゴキブリを駆除する業者が行なう飲食店の薬剤散布について

ゴキブリやハエなどを対象にした飲食店の薬剤散布では、まず、一般住宅と同様に店内を閉め切って、環境に配慮した薬剤の噴霧を実施します。
飲食店
さらに、飲食店の場合は、食中毒の原因となるウィルスを媒介するといわれているゴキブリなどが徘徊する排水溝などに乳剤を散布したり、厨房の台下・ガスコンロの下などにも薬剤を噴き込みます。
一般住宅の部屋と同様、薬剤を噴霧した後、120分くらいは店内に入れません。
飲食店の薬剤散布の施工が完了するまで1~3日間はかかり、費用は、1坪で800円前後といわれています。

ゴキブリを駆除する業者が使う薬剤散布の効能期間と注意点について

ゴキブリの駆除には絶大なる効果がある薬剤散布ですが、殻が固いゴキブリの卵には効果がありません。

15~40日程度でゴキブリの卵がふ化するので、ゴキブリが再度発生する可能性があり、月に1回程度は、薬剤散布が必要になってきます。

特に飲食店の床は、水を流し清掃することが多く、水によって薬剤が流されてしまい、効能期間がさらに短くなることもあります。

一昔前までは、毒性の強い薬剤が散布されていましたが、現在では、環境にやさしい薬剤が使われています。
薬剤散布の他に、ベイト式のゴキブリ駆除やゴキブリの粘着捕獲などを併用して、ゴキブリを絶滅させる業者もいます。

依頼された建物の用途や環境に合わせて、ゴキブリの駆除を行なえるのは業者の強みといえるでしょう。

ゴキブリ駆除は専門家にお任せください!

ゴキブリ駆除、は現場での豊富な経験がとても大切です。この道一筋30年以上の経験を持つゴキブリ駆除の専門家「宮崎宜夫」にお任せ下さい。ご質問・ご相談はお気軽にご連絡ください。

◆ 電話 : 0120-44-0264
◆ メール : 〆メールフォーム

■ ゴキブリ対策でお困りの方へ
  ┠ ゴキブリ駆除の詳細については、ホームページの情報も併せてご確認ください。
お問合せバナー
-------------------------------------
〒179-0081 東京都練馬区北町1-41-18
有限会社ミヤザキ
-------------------------------------

この記事を書いたプロ

宮崎宜夫

宮崎宜夫(みやざきやすお)

宮崎宜夫プロのその他のコンテンツ

Share

宮崎宜夫プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-44-0264

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮崎宜夫

有限会社ミヤザキ

担当宮崎宜夫(みやざきやすお)

地図・アクセス

宮崎宜夫プロのその他のコンテンツ