まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
前田純

豊富な選択肢で不動産売却をサポートする専門家

前田純(まえだじゅん)

有限会社ライフ住販

前田純プロのコラム一覧

不動産のお悩み相談は公認不動産コンサルティングマスターへ不動産に関する悩みを解決しようとするとき、どの専門家にいつのタイミングで相談されますか?一般の消費者のかたが、各専門家と個別に協議し不動産の悩みを解決することは容易ではありません。公認不動産コンサルティングマスタ...

 不動産お悩み相談室 不動産購入、不動産売却、所有不動産が売れない、空き家の問題、住宅ローン滞納、不動産相続、土地の境界がはっきりしない場合の解決方法、土地の一部を売却したい、賃貸物件の売却、収益物件の購入、遠方地の不動産について等々そんなお悩みございませんか?...

 不動産相談 空き家に関すること、我が家の現在価格を知りたい。(簡易査定でお答えします) 売れない不動産、有効活用など客観的な立場からコメント、結構参考になると思います。不動産実務経験30年の公認不動産コンサルティングマスターがお答えします。お気軽にお問合せ下さい。...

不動産免許の更新ごとに免許番号が変わります。正式には、「宅地建物取引業者免許」と言いますが、免許を取得後(1)、5年ごとに免許の更新があり免許番号も増えます。当社の場合の免許番号は(2)から(3)に更新となりました。(1996年以前は3年ごとの更新でした)[更新後の免許]免許...

不動産相談では、空き家に関する相談・問題が多くなかでも、相続で受け継いだり、40、50年以上も前に購入した不動産には所有者も知り得ない土地の特性が壁になり、売却に苦戦を強いられるケースや長年にわたり、揉めているような事案も少なくありません。また、複数人で所有する不動産、...

不動産を処分したいです。    価格はいくらでもいいです。もらってくる人はいませんか。行政も寄付を受け付けてくれません。このような相談も少なからずあり、不動産が負の財産と化した現象です。先日の新聞にも「負動産」についての記事が大きく掲載されていました。見出しは、...

住所の表示には、住居表示と地番がありますが住居表示が実施されているところでは、地番と違う場合が多く登記簿を探しだせない事になります。法務局で登記簿謄本の取得にきて、戸惑っている場面を見かけますが原因の多くは地番と住居表示が混同しているのです。土地を特定するために1...

以前のコラムで書きました、火災延焼と道路幅員の関係先日、新潟県糸魚川市で大規模火災が発生し、たくさんの家屋が被害にあいました。耐火建築物は全焼を免れているテレビをみましたが中には、木造住宅でも外壁・屋根や軒裏を防火性の高い不燃材料とした構造と建物周囲の空間によっては...

不動産売却を「業者に依頼した又は依頼中」の相談と対策。相談内容①なかなか売れない。②査定価格より大幅値下げを求められている。③売却中、物件に予想外の問題が発覚した。 など様々な、悩み・疑問の相談。業者の選定方法を尋ねると数社に査定を依頼し高額査定をつけた業者に依頼...

売マンション 日神デュオステ―ジ本牧 <オーナーチェンジ> 現在賃貸中販売価格H29/01/19 お陰様でご成約となりました利回り横浜市中区本牧町二丁目平成18年築 専有面積38.02㎡利回りとは =「年収」 ÷ 「物件購入価格」×100%1年間の賃料収入の不動産購入...

10月11日ぽっぽ町田にて不動産街頭無料相談会を開催しました。主催 :公益社団法人全日本不動産協会 東京都都本部 町田支部 主催後援 :町田市会場には、弁護士、税理士、一級建築士及び町田支部相談委員を配置するなか、たくさんの方が相談にお見えになりました。相談内...

越境とは、境界線を超えること。不動産に関する越境には、工作物(建物)や樹木等の一部が境界線を越えて(地上・空中・地中)、隣接地へ越境している状態。今回は、地上のケース 1.越境物とは 建物の屋根や雨樋、看板、倉庫(物置)、境界ブロック塀(フェンス)、樹木等々 2.越境には...

建物保存登記所有権保存登記(保存登記ともいう)は、家を新築してまだ登記をしていない建物をはじめてなされる登記の事です。所有権保存登記をすることにより、その建物の所有者を明確にし、第三者に対抗できるようにします。これが、登記識別情報で従来のいわゆる権利証にあたるものです...

土砂災害防止法に基づく都道府県による土砂災害の「警戒区域」と「特別警戒区域」の両方の指定が完了しているのは9県にとどまっている事が国土交通省の調査でわかった朝日新聞記事より 土砂災害法とは ※正式名称「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法...

所有不動産を利用した高齢者世帯の収入確保 「リバースモーゲージ」年金制度に似た仕組みです。日本の人口減少社会の始まりは2008年と言われています。平均寿命が長くなり、社会の中で高齢者の占める割合が増え、高齢者や親族から不動産絡みの相談も増える傾向にあります。相続、持...

前田純プロのその他のコンテンツ

Share

前田純プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
042-721-6630

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

前田純

有限会社ライフ住販

担当前田純(まえだじゅん)

地図・アクセス

前田純プロのその他のコンテンツ