まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
小田原漂情

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

お電話での
お問い合わせ
03-5805-7817

コラム

書くこと、そして歌うこと

2011年9月13日 / 2014年7月31日更新

 私が長く専門的に書いてきたのは、まず短歌です。十代のころから新聞歌壇に投稿を始め、大学卒業後は『歌人舎』『鳴風』『短歌人』(籍を置いた順)にあって、三十代半ばまで実作・批評に邁進しました。

 三十代半ばからは、表現したいものの質が変わってきたため、小説を中心にするようになりました。物書きとして、あるテーマについて存念を通すためには、そちらの方がより適切だと考えたためです。この段階までの作品は、単行本として刊行されています(言問学舎ホームページご参照)。

 しかしながら私にあっての身過ぎ世過ぎは、四十代の前半、ほぼ休筆の状態を私に強いました。いま経営しているこの言問学舎(とその前身)の経営に埋没せざるを得なかったためです。身過ぎ世過ぎという考え方に加え、「縁」というものの大切さを、重んじたためもあります。

 「休筆」から「復帰」を公にすることができたのも、「縁」あってのことでした。2000年に出版した『小説 碓氷峠』が、『ノスタルジックトレイン』編集長のお目にとまり、依頼をいただいて、小説『鉄の軋み』を執筆し、同誌に掲載していただいたのです。その前年から「復帰」作を書いてはいましたが、長いブランクのあと、書いたものがはっきり活字として書店に並ぶというのは、望外の恵みでした。

 最も早くからなじんだ形式である短歌には、なかなか戻れませんでしたが、今年から復帰しました。まだまだ「歌ごころ」乏しい中、それでも休まずに続けようと思うのは、「復帰」のきっかけになったのが、思いがけず早く『短歌人』の仲間を見送ったことだったからです。

 タイトルに、「書くこと」と「歌うこと」と書きましたが、短歌は「歌う」表現形式でもあります。そしていま一つ、私には、灰田勝彦先生、藤山一郎先生に代表される「昭和前期の格調高い流行歌を歌うこと」という目標があります。それらをこもごもまとめたのが、このコラムのタイトルです。「書くこと」に関しては、現在は言問学舎ホームページ内に「読み物のページ」を設けており、そこがリアルタイムの発表場所となっています。『旅と鉄道の譜(ただいま「さらば急行能登」を不定期連載中)』など、軽い読み物もありますので、ぜひお目通し下さい。

 YouTubeもあわせ、ひろくお目通しいただくことで、「国語の塾」として提唱している内容も、よりよくおわかりいただけることと思います。ひろく、多くの方と「ご縁」を結ぶことが、本サイトやホームページで言葉を発しながら、願っていることです。



国語力に定評のある文京区の総合学習塾教師
小田原漂情
文京区の総合学習塾・言問学舎

国語力が、思考力や判断力を養います。そのための勉強は、言問学舎でこそ!

この記事を書いたプロ

小田原漂情

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

小田原漂情プロのその他のコンテンツ

Share

小田原漂情プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情

有限会社 言問学舎

担当小田原漂情(おだわらひょうじょう)

地図・アクセス

小田原漂情のソーシャルメディア

rss
rss
2018-08-15
youtube
youtube
2011-06-23
youtube
youtube
2018-08-03

小田原漂情プロのその他のコンテンツ