まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
井川治久

受験を制する英語で難関大学合格へ導く英語講師

井川治久(いかわはるひさ)

井川塾・受験英語学院

お電話での
お問い合わせ
03-3956-5010

コラム

品詞と文法を無視して、想像で英語を読んでいたら、偏差値40台のまま?

2018年6月26日(火曜日):◆ナマ授業日誌(16時~22時):

品詞を意識して、S+V・・・の順に、文法を守って読む!

4月から、・・・・・・毎回、毎回、授業の初めに、
★★★「品詞」を、意識して、
★★★「S+V・・・」の順に、「文型」を考えて、
★★★「文法どおりに」 読んで行こう
と言って、授業をスタートしている。

もう、3か月も言っているが、今のところ、身に付かない!

◆ノートの表紙にも、忘れないように、マジックで、書いてある!
・・・・・・しかし、4月~6月の演習で、いまだに、身に付かない!

ただ読むのなら、無意味。「文法」を当てはめて、読む!

「文法」どおりに読む・・・ということは、すなわち、
★★★「文法テキスト」の中の「文法や公式」を、当てはめて、読む!
ということだ。

去年までの悪い習慣が、なかなか、直らない!

このように、毎回、毎回、言っているのだが、4月から、3か月経っても、
▲「品詞」と、「文法」を、考えずに、▲想像で読む「悪い癖」が、直らない!!!

塾長の使命は: 生徒の悪い習慣を、直すこと!!!

いつになったら、悪い癖が直って、「品詞と文法」を考えて読むようになるのか?
◆「生徒の悪い習慣」を直すのが、私の使命なので、・・・・・・毎年、何度も、何度も、生徒が直るまで、ねばり強く、言い続けている。。。。
http://mbp-tokyo.com/ikawa/detail/

直そうという「自覚」をもって、努力してほしい!

しかし、
▲生徒自身が、「自覚」して、直そうとしない限りは、いつまでも直らないケースもあるので、
●「自覚」を高めて、「悪習を直すように、努力してほしい」と思う。

・・・・・・以上の話を、大きい声でして、生徒に、言って聞かせた。

「文法」は、守るものであり、勝手に変えたら、ダメ!

というのは、
● S(主語)+V(動詞)・・・ の順に、読んでね! 
と、毎回、毎回、念を押しているのに、
◆ lived (動詞V) の前にきているのは、何?  
という質問に、
▲ 「目的語(O)」 ・・・・・・・✖ (誤り)
と、生徒が答えたからだ。・・・・・・何度、聞き返しても、生徒が、そう答えるので、
● V (動詞) の前に来るのは、 S (主語)でしょう!
と教え込んだ。

・・・・・・・勝手に、文法を変えたら、ダメです! ・・・・・・(✖)

「Vの前に、Sが来る」のは、決まり(原則)だからね!

・・・・・・どんな箇所だったかと言うと、
◆ the cat that lived a million times
という部分。
・・・・・・中学3年生レベルの「関係代名詞」が、わかっていない!ということ。
・・・・・・そうだとしても、絶対に、「 V (動詞)の前に、O (目的語)がある」なんて、答えては、ダメでしょう!
◆この lived (V’) の前にある that は、 S’ (主格)となる「関係代名詞」に、決まっているのだからね!

「品詞と文法」を考えずに書いた訳は、「キミの想像」であり、訳ではない!

・・・・・・他にも、きょうは、
▲「品詞と文法」を、考えずに、予習して来ている箇所が、結構あった!
▲「品詞と文法」を考えずに、・・・・・・「単語を、つないで、書いた訳」は、「キミの想像」にすぎない
ので、
授業で、添削したって、何の意味も無い! ・・・・・・時間のムダである!

「品詞と文法」を確認するために、予習で、訳を書いてみる!ということ。

★★★ 苦手な人は「訳を、予習で、書いていらっしゃい」と言っている意味は、「品詞と文法がわかっているか?」を授業で確かめるためである!

もう、7月。今、習慣を改めなくては、間に合わなくなる!

・・・・・・もう、次回の授業は、7月である!
・・・・・・ほんとうに、合格したいのなら、自覚を増して、努力してもらいたい!

自分で「自覚」しなければ、「品詞と文法」を考える日は、来ない!

・・・・・・「自覚」を高めなければ、「品詞と文法」を考える日は、いつまでも、来ないよ! ・・・・・・そして、偏差値も、40~45ぐらいを行き来しているだけとなる。。。。それでも、いいのかな?

応援します。でも、実行するのは、キミ自身!

・・・・・・そういえば、去年も、そんな話をしていたな。・・・・・・毎年、そういう生徒は、必ず、いる。
http://www.geocities.jp/tqhxy138/
応援するので、改善してほしい!
http://mbp-tokyo.com/ikawa/service1/
ガンバロウ!!!

この記事を書いたプロ

井川治久

井川治久(いかわはるひさ)

井川治久プロのその他のコンテンツ

Share