まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ徳島
小笠原哲二

相続・登記のプロ

小笠原哲二(おがさわらてつじ)

司法書士法人 小笠原合同事務所

お電話での
お問い合わせ
0120-120-993

小笠原哲二プロのコラム一覧

相続放棄

2018-03-12

かわいそうな事情であった。奥さんから、旦那さんの実家に相続が発生したが、相続放棄をしたいとの相談だった。田舎に田畑、山林もあり、価値はない。管理の負担は大きく、全くの負の遺産らしい。子供の代まで負の遺産を残したくないという強い思いではあるが、旦那さんは事故で障害があり、意思...

生前贈与

2017-10-21

 農地を一括贈与し、贈与税の猶予を受けた農地を売却したいとの相談 バブルで地価が高いときに贈与を受けた農地を売却したいとの相談があった。どうにかならないかと、詳しい税理士さんに聞いたところ、とてもリスクの高い制度だということが分かり勉強になった。リスクは以下のとおり1、...

夫婦に子供がない場合の相続では、亡くなった人の配偶者がすべての財産を相続できるのでしょうか?亡くなった本人の親には遺留分がありますので、遺言書で「配偶者のみに遺産をのこす」と書いたとしても、存命であれば遺産分割をする必要があります。兄弟姉妹がいるときなどはどうなるので...

相続人となるその人に、判断能力が不十分で意志決定をすることが難しい障害や病気がある場合、その相続人を守る制度があります。それが成年後見制度です。裁判所によって選任された成年後見人が、判断能力が不十分である相続人(成年被後見人)の財産などを守る役割を担います。 成年後見人制度...

遺産相続では、相続できる人に順番があります。民法が定めている人を法定相続人と呼びますが、どういった人が相続人になるのでしょう。また、優先順位はあるのでしょうか?今回は、相続人となる人、その順位についてお話しいたします。 法定相続人とは(配偶者) 法定相続人とは、「遺産...

遺言信託

2017-04-04

自分の遺産の分配をとりきめた遺言書の作成と、その保管および相続開始時の遺言執行のサービスがセットとなっている遺言信託。遺言信託のサービスを行う信託銀行に依頼する際、メリットとなるのは法的に有効な遺言を確実にのこし、保管も任せ、そしてその遺産の承継を信託銀行に託することで、遺産...

遺言信託

2017-04-02

遺言信託の依頼先は信託銀行だけではありません。弁護士、司法書士に依頼することもできます。遺産相続については法律が深くかかわってきますので、法律の知識を備えた専門家に相談することも大切です。 依頼先としての信託銀行 遺言信託の依頼先として信託銀行を選ぶ方が多いのは、やはり...

遺言信託

2017-03-31

遺言信託では、遺言者がどのように財産を処置したいのか、といった相談に乗ってくれます。遺言者の希望などを聞いたうえで、遺言書作成から遺言執行までの一連の業務についてサポーしてくれます。今回は「遺言信託」の流れを見ていきましょう。 遺言信託の流れ 遺言書の作成段階から...

遺言信託

2017-03-29

遺された家族の生活の安定をはかる「遺言信託」という方法があります。この遺言信託は、2つの「かたち」があるので、混乱しがちです。ひとつは、遺言で自分の財産を死後、信託会社や目的信託(公益信託など)に信託し、管理、運用してもらうことです。法的な意味での「遺言信託」はこちらです...

遺言者が自分で書く遺言書を、自筆証書遺言と言います。全文を自分の手で書く、つまり自筆でなければなりません。ほかにも細かいルールがあります。この自筆証書遺言を無効なものにしないための注意点を見てみましょう。 「自筆証書遺言」とは全文自筆で書く遺言書のこと 自筆証書遺言は...

先日、農地の隣地に無縁墓地があり、だれも墓参りに来ていないので撤去したいという相談が農地の所有者からありました。これは、時効取得で解決できると考え、不在者の財産管理人を選任のうえ、時効取得の訴訟を提起。無事名義変更ができました。しかし、その後、その農地の所有者から墓地を撤去し...

2017-02-18

近年、芸能人による養子縁組の事例が増えつつある。2014年11月にこの世を去った俳優の高倉健さんはプライベートを極力公開しないことでも知られたが、その死後に、33歳年下の知人女性を養子にしていたことが明らかになりました。女性は悪性リンパ腫を発症した健さんの介護をひとりでおこなっていた...

家族信託

2017-02-17

おそらく県内初と思われる家族信託契約を昨年公証役場で作成しました。内容は、アパートを所有する父親が認知症対策でそのアパート建物を、子供が代表者を務める資産管理会社へ信託したというものです。建物の名義は会社になりましたので、父親が認知症になってもアパートの修繕や名義変更も可...

公正証書遺言の作成には戸籍謄本や印鑑証明など、必要な書類を揃えて提出する必要があります。証人になる人も、身分確認の書類を用意してもらう必要があります。今回は、公正証書遺言を作成する際に必要になる書類などについて説明いたします。 公正証書遺言の作成手続き 公正証書遺言...

公正証書遺言は信頼性の高いものですが、遺言として効力がないと判断されてしまうケースもあります。公正証書遺言が無効になるのはどういった場合か見ていきましょう。 公正証書遺言とは 公正証書遺言は公証役場において、2人以上の証人の立ち合いのもと、遺言者が公証人に遺言内容を口頭...

小笠原哲二プロのその他のコンテンツ

Share

小笠原哲二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-120-993

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小笠原哲二

司法書士法人 小笠原合同事務所

担当小笠原哲二(おがさわらてつじ)

地図・アクセス

小笠原哲二プロのその他のコンテンツ