まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ徳島
小笠原哲二

相続・登記のプロ

小笠原哲二(おがさわらてつじ)

司法書士法人 小笠原合同事務所

お電話での
お問い合わせ
0120-120-993

コラム

相続できる人と相続の順番

相続の基本

2017年4月6日

遺産相続では、相続できる人に順番があります。民法が定めている人を法定相続人と呼びますが、どういった人が相続人になるのでしょう。また、優先順位はあるのでしょうか?

今回は、相続人となる人、その順位についてお話しいたします。

法定相続人とは(配偶者)

法定相続人とは、「遺産を相続できる人」として民法が定めている人のことです。

Aさんが奥さんを残して亡くなったとします。Aさんは法律の用語では「被相続人」と呼ばれます。

Aさんの遺産の法定相続人は、まず配偶者です。被相続人(Aさん)の配偶者(夫または妻)は常に法定相続人になります。

ただ、この場合の「配偶者」は法律上の夫・妻です。籍を入れていない内縁関係の場合は、相続人になれません。

法定相続人の順番(順位)

配偶者(夫または妻)に加えて、法定相続人になれる順番(優先順位)を見てみましょう。

その順位は、第一順位が子。第2順位が被相続人(Aさん)の親。第3順位が被相続人(Aさんの)の兄弟姉妹となります。以下、その例を見てみましょう。

・Aさんがなくなった場合、配偶者である奥さんと子が法定相続人になります。

・Aさんの配偶者である奥さんがすでに死亡していた場合、法定相続人の第1順位である子がすべての遺産を相続します(養子でも相続人になります。婚姻関係にない間の子も認知を受けていれば相続人になります)。

・Aさん夫婦に子供(第1順位)がいない場合、配偶者である奥さんとAさんの親(第2順位)が相続人となります。

・Aさんの親がすでに亡くなっている場合は、配偶者である奥さんとAさんの兄弟姉妹(第3順位)が相続人となります。

代襲相続について

相続には「代襲相続」というものがあります。「代襲」、つまり「~に代わって相続する」という意味です。

たとえば、Aさん(被相続人)が亡くなった時、法定相続人である一人息子のBさんがすでに亡くなっていたとします。

しかし、Bさんには子供Cがいるとします。Aさんから見れば孫になります。こうした場合、「孫」Cが法定相続人になります。こうした相続を「代襲相続」と言います。

この記事を書いたプロ

小笠原哲二

小笠原哲二(おがさわらてつじ)

小笠原哲二プロのその他のコンテンツ

Share

小笠原哲二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-120-993

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小笠原哲二

司法書士法人 小笠原合同事務所

担当小笠原哲二(おがさわらてつじ)

地図・アクセス

小笠原哲二プロのその他のコンテンツ