まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
名波直紀

不動産登記・会社登記のプロ

名波直紀(ななみなおき)

名波司法書士事務所

お電話での
お問い合わせ
0120-77-3015

コラム

浜松の司法書士が紹介したくなる「浜松の土木・建設会社」①

事業承継

2017年12月27日 / 2017年12月28日更新

今日ご紹介するのは、浜松の土木・建設会社、株式会社中岡建設さんです。
中村社長とは、ある異業種交流会でご一緒させていただいた仲ですが、偶然、コンビニで再会。その後、突撃取材をさせていただきました。私にとっては偶然が必然といえるほど驚くべき内容になるとは・・・

中岡建設さんは、創業1952年。中村社長で3代目になります。
創業以来、時代の流れに合わせながら、土木と建設の比率を変えてこられましたが、民主党が政権をとってからは「コンクリートから人」への時代が到来。土木・建設業の冬の時代となりました。そんな背景の中、中村社長は、2代目のお父様の入院をきっかけに事実上、会社を引き継ぐことに。
そこから、中村社長の孤軍奮闘が始まります。中村社長は会社の方向性について悩みます。大手と同じようなことはできないし、伝わりにくい。だからといって価格競争は会社の体力を奪っていく。
そんな中、ある一冊の本を思い出します。「ランチェスター戦略」に関する本でした。
ランチェスター戦略では、「どんな視点、どんな分野でもいいから、まずは、1番になる」にこだわります。

中村社長は、「うちの会社の1番って何?」を問い続けます。
考え抜いた末、中村社長がたどり着いた答えが「徹底的な地域密着」
創業以来、地元で根を下ろして頑張ってきた「歴史」に強みを見つけたのです。
とは言っても、土木工事や建設業は、地域の人々には決して身近ではありませんでした。
そこで、中村社長は、移動距離30分以内の地域に、チラシを配ることを決意するのでした。
まずは、知ってもらうこと。移動距離15分の圏内から始めました。最初はいわゆるキレイなチラシを作成しました。でも・・・

今日は、ここまでとさせていただきます。
明日の続きをこうご期待!

この記事を書いたプロ

名波直紀

名波直紀(ななみなおき)

名波直紀プロのその他のコンテンツ

Share

名波直紀プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-77-3015

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

名波直紀

名波司法書士事務所

担当名波直紀(ななみなおき)

地図・アクセス

名波直紀プロのその他のコンテンツ