まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
大石知広

“ほくほくほんわか”な無垢板オーダー家具のプロ

大石知広(おおいしともひろ)

フレンドハウス

大石知広プロのコラム一覧

bokuno

2016-11-23

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。“bokuno Chair”が「2016グッドデザインしずおか マネジメント賞」に選定されました。静岡県では、中小企業等のデザインレベルの向上と、デザインの戦略的活用促進を目的に、県内で開発又は生産されるデザインの優れた製品を選定...

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。先日、焼津市の「ホテルアンビア松風閣」の特選企画東海道 岡部宿・島田宿の『隠し酒の会』に参加してまいりました。静岡県志太の名蔵、“東海道岡部宿 初亀醸造”、“東海道島田宿 大村屋酒造場”から届いた銘酒と豊穣の秋の味覚...

bokuno

2016-11-06

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。最近、チェアやソファのお問い合わせ内容で多いのがペットに関することです。せっかく上質な張地を選んでも「ひっかき傷」や「汚れ」でダメにしてしまうのはもったいないですよね。bokunoに採用している合成スエードは、「ひっ...

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。学習では集中力が肝心ですが、「背すじのまっすぐに伸びた姿勢で座ると集中力はアップする」ことが専門家によって指摘されています。即ち、背すじが自然とまっすぐになる椅子こそが学習椅子のピカイチです。つまり、『バランスチェ...

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。検索エンジンから弊社ページに訪れた際、検索に使われたキーワードで最も多いのは「姿勢」です。「オーダー家具」でも「バランスチェア」でも「bokuno」でもありません。腰が痛い、ひざを曲げるのがキツイ・・・そんな方はおそらく...

海外展開

2016-10-22

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。先日、海外展開事業化の可能性を探るべくインドネシアの首都ジャカルタに行ってまいりました。なぜインドネシアかと申しますと、東南アジアでは市場として一番ポテンシャルを感じているからです。世界第4位の人口規模を誇るインドネ...

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。先日、「浜松地域FSC・CLT利活用推進協議会」の第1回連携部会が開催されました。小生が所属する連携部会は、川上から川下までが連携による天竜材普及が目的です。ちなみに、その他部会は、FSC部会=FSC普及、CLT部会=CLT普及があ...

bokuno

2016-10-08

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。先日、静岡市駿河区のK様邸に国産ナラ材を使用した「森の記憶ダイニングテーブル」と「bokunoチェア」をセットで納品させていただきました。K様はご主人様、奥様、小さいお子様の4人家族ですが、椅子のカラーは、ご主人様が...

bokuno

2016-10-01

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。5月に、“百貨店売上高日本一”の「伊勢丹新宿本店」、9月には、“日本初の百貨店”である「日本橋三越本店」にて『bokunoチェア』を出展させていただきました。それぞれにストアコンセプトも客層も違うのですが、百貨店でお買い物をす...

イベント

2016-09-16

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。先日、東京のホテルにて「bokuno」チェアオーダー会が開催されました。Baby&Kidsブースでの出展ということで三世代でご来場いただいたお客様も多く、コンセプトである「家族が離れていても近くに感じられるような家具があったらいい...

bokuno

2016-09-12

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。中日ショッパーの大人世代のゲンキを応援する特集「ゲンキのヒント」にインタビュー記事が掲載されました。以前オーダーメイド家具ってどうやってつくるの?の際もそうでしたが、今回も建築・インテリア業界に精通するN記者がわかり...

bokuno

2016-09-02

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。暮らしを見直し、丁寧なモノ選びをする人が増える中で、住まいやしつらいとの関係性、親和性といったことを考慮してデザインすることは、今まで以上に重要です。新しい機能を次々とプラスするのではなく、本当に必要な機能をと...

壁面収納

2016-08-28

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。本当に必要としているモノ、お金を払う価値があるモノ。それらを見極めて、自分らしい生活を支えてくれるモノだけを選りすぐることは、誰のものでもない独自の豊かなライフスタイルを手に入れる近道です。職人の高い技術と自然素材を生...

bokuno

2016-08-20

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。「bokuno」は、背板を12色、座板を4色の計48色から自由に組み合わせることができます。ただ、現在使われている家具や内装とのマッチングの関係で標準カラー以外のシックな色遣いを希望されるお客様もいらっしゃいます。そこで、直営...

こんにちは!フレンドハウスの大石知広です。ダイニングテーブルは、衣食住で人間の“根源的欲求”を満たすもので必要不可欠ですが、弊社は、お客様にやさしい点に徹底的にこだわった商品開発やデザインなどの付加価値で単純な価格競争とは一線を画しています。オリジナルオ...

大石知広プロのその他のコンテンツ

Share