マイベストプロ山陰・島根

コラム

コロナでも、お客が増える店、減る店の違い ②  その考察

2021年9月16日

テーマ:商売の話し

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: 人材育成 研修

こんにちは、現状変革をサポートするプロ サポートコーチ出雲の山根浩二です

最近考えていた事を、まとめてみました。

コロナでも、お客が増える店、減る店の違い ②

考察

どんな違いがあるのか?


前提が、どうなっているのか?


(増)お店の方が、来る事が、当たり前と思っている。
    サービスの価値が分かっていて、必要な方は来ると信じている      
勧める声に、確信が乗っている
お客様が、「行ってもいいんだ」「行くのが当たり前」になる




(減)お店を方が、来る事が、難しいと思っている。
来店を勧める事が、後ろめたく感じている
勧める声に、気持ちが乗らない
お客様が、「行かない方が良いのかな?」「行きにくいな」になる


その結果、お客さんの行動が変化している。


根本的に、お店の人(経営者)が、どのように考えているのか。それがスタッフに伝わって、お店の雰囲気がどうなっているのか?


(減)こんな状況だから仕方ないと思ってしまうと、その後の思考範囲も狭くなってしまう。世間の悪い情報に迎合して、悪い情報を集めて、安心してしまう。こんな状況になっても仕方が無いとなり、現状維持(悪くなる)が継続する。


こういうお店は、世間の景気が良い時には、それを享受して、景気が悪い時には、流されて下落していく、世の中の多くの店に当てはまると思いませんか?



(増)こんな状況だけれども、自分たちに出来る事は、何だろう?と考えれる
お客様は、来たいのだから、来れるようにする為には、何が出来るだろう?と考える
そうすると、お客様が来れるような、情報を集め出す
世の中には、意識しさえすれば、必要な情報は、目につく
その情報を活用した上で、更に、自分たちの店で、出来る事は何かを考えて、付け足す事が出来てくる、それが、独自の売りになってくる




もう一つの

前提が、どうなっているのか?


(減)お客様は、来店したがっていない。
お客様を誘う言葉に、後ろめたさが滲む
その気持ちを、押し殺して、お客様に連絡すると、心が後ろ向きになるからストレスも感じる
そのうちに、誘うという行動に対して消極的になる
結果、行動が減って、お客様がよけいに来店しなくなる
お店も雰囲気も下がる


(増)お客様は、来店したがっている。
お客様を誘う言葉に、自信が滲み出る
その気持ちで、熱意を乗せて、お客様に伝える
お客様にも、伝わる
そのうちに、誘いに答えて来店される方も、増えてくる、成功体験で自信も高まる
益々、行動量や熱意が上がっていく、お店の雰囲気も向上する



特に、今まで、お客さんに対して、来店を促していた、お店は、毎日お客さんに働きかけて来店者が来られていたのですから、その行動を維持していての来店数があった訳ですから、その行動が減ってしまうと、お客様への働きかけの総量が減るのですから、当然の結果として、来店数が減ってしまう。

平時でも、来店を促さなければ、そのお店の、ファンの方しか集まらないという事になる。


多くの店に参考になると思います。

お店としては、整体や美容院などを、想定しています。


*あくまでも、コロナを無視して、お店を開きましょうという話では、ありませんけど、必要な方が多いと感じますので、投稿しておきます。

お読み頂きありがとうございます

山根との対話は、きっと思考が解きほぐれ、思い込みに気づく時間になります・世界がシンプルになりますよ

人生の時短に役立つ時間になります

★ご質問・お問い合わせと体験セッションをメールで受け付けています。

★単発セッション・継続クライアントを3名募集中

コーチと繋がると、安心感が得られます!

あなたが一歩踏み出せば、自分の世界を変えれますよ!!

この記事を書いたプロ

山根浩二

現状変革を支援するプロ

山根浩二(サポートコーチ出雲)

Share

関連するコラム

山根浩二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-4653-1239

 

マイベストプロを見たと最初に、お伝えください。

電話が話し中の場合、着信が記録されないようです。申し訳ありませんが、返信が無い場合は後日改めて、お電話頂きますように、お願いします。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山根浩二

サポートコーチ出雲

担当山根浩二(やまねこうじ)

地図・アクセス