マイベストプロ大阪
  1. 『腸とアレルギーの話』 漢方スクール 大阪市 難波 光る堂
白石光彦

健康相談ができる漢方薬店や漢方スクールを営む漢方の専門家

白石光彦(しらいしみつひこ) / 漢方薬剤師

KAMPO煎専堂 光る堂薬店(株式会社 光る堂)

コラム

『腸とアレルギーの話』 漢方スクール 大阪市 難波 光る堂

2020年3月7日 公開 / 2020年5月25日更新

テーマ:街の薬局から日本の医療を変える!

コラムカテゴリ:医療・病院

コラムキーワード: 花粉症 対策花粉症 食べ物アレルギー対策

【みっちー先生公式Line】
ライブ配信のお知らせなど最新情報が届きます。
https://lin.ee/aXYyo2t


(1)腸と科学

ちょっとコロナの話ばかりして

横道にそれちゃったけど

やっぱりシーズンですね。

花粉症のお客さんも増えてきたので

話を戻しましょう。


前回はアレルギーの改善に

漢方では腸内環境を重視するとお話した。

だけどエビデンスがなかったとも。

ところがそれが科学の力で

だんだん明らかにされて来たのだ。

(2)セカンドブレイン

今でこそ腸が健康にとって重要な器官であることは

誰でも知っている。

だけど昔は消化と排泄だけの働きしかないと思われていて

あまり注目されず

研究も進んでいなかった。


そんな腸にスポットライトが当たったのは

1985年、コロンビア大のマイケル・D・カーション教授が

「セカンドブレイン」

を発表してからだろう。

(腸にも脳がある。。)

当時としては画期的な学説であった。

ここから腸の研究が進んでいくことになる。


その後、腸という臓器だけでなく

その中に住んでいる

「腸内フローラ」

と呼ばれる細菌の働きも注目され

メタゲノム解析という解析法の進歩もあり

腸の研究は一気に進んだ。

ここ10年程のことである。


腸という臓器の持つ機能に加え

腸内フローラの働き。

それが人体にどれほどの影響を及ぼしているか?

とくにアレルギーとの関係についてこれから話していこう。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

KAMPO煎専堂光る堂薬店
〒542-0076
大阪市中央区難波5-1-60なんばスカイオ6F
TEL(06)4395-5581/FAX(06)4395-5595

(株)光る堂代表取締役
漢方薬剤師 白石 光彦

HP:https://kampo-hikarudou.com/
YouTube:http://www.youtube.com/user/MitchyDiet
FaceBook:https://www.facebook.com/mitsuhiko.shiraishi
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

この記事を書いたプロ

白石光彦

健康相談ができる漢方薬店や漢方スクールを営む漢方の専門家

白石光彦(KAMPO煎専堂 光る堂薬店(株式会社 光る堂))

Share

関連するコラム