マイベストプロ大阪

コラム

引き寄せの法則に疲れた人必見!愛に目覚める「悟りメンタル」とは!?

2022年6月7日 公開 / 2022年6月13日更新

テーマ:悟り

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

あなたは嬉しい出来事を引き寄せて、
幸せになりたいですか?


もしこの答えに「Yes」と答えるなら、
悟りを開くのは難しいかもしれません。


なぜなら、潜在意識の中では
悟りを開きたいと思っていないからです。


悟りを開くとは、
幸せになることではありません。


悟りを開くとは、
心穏やかに生きることです。



どうですか?


あなたは悟りを開いて、
心穏やかに生きたいですか?


もしこの答えが「Yes」なら
この記事を読み進めてください。


この記事では、
幸せを引き寄せる法則ではなく、
悟りを開いて心穏やかに生きる方法を
詳しく解説します。


きっと、あなたのお役に立つことでしょう。
ぜひ最後までご覧ください。


こんにちは。
公認心理師の大城ケンタです。
よろしくお願いします。

カウンセラー写真


なぜ人間は悩むのか?


なぜ人間は悩むのか?
なぜ人間として生きることが辛いのか?


それは人間には「欲」があるから。


〇欲が満たされると、幸せを感じる。
×欲が満たされないと、悩み苦しむ。


〇欲が満たされると、ポジティブな感情を感じる。
×欲が満たされないと、ネガティブな感情を感じる。


それが人間です。


マズローは人間の欲求を
5段階に分けて提唱しています。


マズローの5段階欲求とは、アメリカの心理学者、アブラハム・マズロー(1908~1970)が考案したもので、人間の「欲求」には5つの段階があるとする心理学理論です。


①生理的欲求
⇒「食欲」「睡眠欲」「排泄欲」など、本能的な欲求、生命維持の欲求。

②安全の欲求
⇒危険を回避し、安全・安心な暮らしを求める欲求。

犯罪に巻き込まれず、安心して暮らしたい。
経済的に安定し、安心して暮らしたい。

③所属と愛情の欲求
⇒グループに属し、仲間を求める、愛情を求める欲求。

孤独になりたくない。
誰かと繋がっていたい。

④承認欲求
⇒他者から認められたい、尊敬されたい、尊重されたい、という欲求。

注目されたい、人気者になりたい。
大切な存在として扱われたい。

⑤自己実現の欲求
⇒自分のやりたいことを実現したい。成長したい、という欲求。


これらの欲求が満たされない時に、
人間は悩み苦しみます。



人間は悩みたくないし、
苦しみたくないし、幸せを感じたい。


だから世の中では、
引き寄せの法則が流行っているのです。


引き寄せの法則とは、
イメージしたことが現実化するというものです。


例えば、

・願望が叶っている時の自分をイメージして、その時の幸せな感情を感じる。
・願望を紙に書き出す。
・ポジティブなアファメーションを言う。
・願望が叶っている自分として生活する。


ところが、
引き寄せの法則通りに行なっても、
上手くいかない人もいるでしょう。


人生が思い通りにならなくて
悩む人もいるでしょう。


人生を諦めたくないけど希望が持てない。
そんな人もいるでしょう。


そんな人にこそ、欲を満たして
幸せを感じることに頑張るのではなく、
心穏やかに生きる「悟りメンタル」をご紹介します。


今までの生き方とは全く違う、新しい生き方です。


悟りを開くとは?


悟りを開くとは、心の迷いが解けて、真理を会得すること。解脱と同義。


解脱とは、悩みや迷いなど煩悩 の束縛から解き放たれて、自由の境地に到達すること。悟ること。<引用:goo辞書>


仏教用語として
理解しようとすると難しいですが、


簡単に言うと、
【悟りを開く=解脱=ストレスなく穏やかな状態】
ということです。


先ほど、人間には欲があって、
その欲が満たされないから
悩み苦しむと述べました。


悟りを開くということは、
人間らしい「欲」が減るということです。


人間らしい「欲」が減るので、
悩みや苦しみから解放されるのです。


繰り返しますが、
悟りを開く=欲が減る

もしくは、

悟りを開く=欲がない


このように言えます。

悟りを開いた人の特徴

ここからは悟りを開いた人の特徴をご紹介します。

悟りを開いた人の食事

悟りを開いた人の食事は、
以下のようなことが挙げられます。

①添加物が入った物を好まない。
②ジュースやコーヒー等より、水を好む。
③肉や魚より、野菜中心の食生活を好む。
④甘い物が欲しくない。
⑤冷たい物より温かい物を好む。


こういった食生活に変わることがあります。

悟りを開いた人のマインド

悟りを開いた人のマインドは、
以下のような特徴があります。


・頭であれこれ考えずに、自分の感覚に従って行動する。
・自分の好きなことをして、嫌なことはしない。
・思うがまま自由に生きる。
・他人の目があまり気にならない。
・自分も他人も大切にする。
・人や物に対する執着心が少ない。
・今この瞬間を大切に丁寧に生きる。


悟りを開いた人の余暇の過ごし方

悟りを開いた人は欲が少ないので、
刺激を求めることが減ります。


高揚感を感じるアクティブな活動より
穏やかに過ごすことを好みます。


例えば、

・自然の中でリラックスする
・ヨガや瞑想をする
・アートな作品に触れる
・静寂な時間を味わう
・物作りに没頭する


こういったことが挙げられます。

悟りを開いた人の仕事

悟りを開いた人は、
天職について天命を全うしています。


言い換えると、

・好きな仕事で、且つ得意な仕事
・世の中があなたに期待している仕事
・天があなたという人間を通して成し遂げたいこと
・あなたの強みや才能を活かした仕事


逆に言うと、
・自分のやりたくない仕事はしない。
・自分を犠牲にした仕事はしない。
・自分の強みや才能が活かせない仕事はしない。
・生活やお金の為に仕事をしない。

こういった特徴があります。


悟りを開き、愛に目覚める方法

悟りを開く方法は、とても簡単です。


人間には欲があり、
悟りを開いた人は欲が少ない。


これが両者の違いだと先述しました。


人間=欲がある
悟りを開く=欲が少ない

ということは、


悟りを開くには、
「人間を卒業して欲がない状態」
になることがポイントです。



では、ここであなたに質問です。

【質問】
あなたは自分のことを人間だと思っていますか?


もしこの答えが「Yes」なら、
まだ悟りを開けていません。


なぜなら、
自分で自分のことを
人間だと思っているからです。


この意識(自己イメージ)を
変える必要があります。


そこでもう一つ質問します。


【質問】
もしあなたが人間を卒業して、人間ではないとしたら、あなたは何者だと思いますか?


もちろん答えは人によって異なります。


例えば

・私は宇宙人です
・私は創造主です。
・私は何者でもない「無」の存在です。
・私は自由な存在です。
・私は愛情深い存在です。


こういった答えがあってもいいでしょう。


どれも正解です。
間違いはないからです。


ただ、この記事の主旨は、

人間を卒業して悟りを開き、
心穏やかに生きる方法論を述べています。


欲を減らして悟りを開き、
心穏やかに生きていくには、

あなた自身を次のように
定義してみるとよいでしょう。


「私は人間ではなく、愛の存在です」
「私は愛のエネルギーの存在です」
「私は愛の存在です」



このように自己イメージを変えるのです。


悟りを開く方法は、「私は愛の存在だ」と意図するだけです。



「えっ、愛って何?」
「愛の存在って何?」



そう思われたかもしれません。


愛とは、慈しむ、大切にする、思いやりです。


・自分を大切にする。
・他人を大切にする。
・自然を大切にする。
・生き物を大切にする。
・身近な物を大切にする。
・地球を大切にする。


「全てを大切にする存在」というイメージです。


話を戻します。


「私は愛の存在です」と意図するだけで、その瞬間から人間のエネルギーが、愛のエネルギーに変わります。


そのエネルギーの変化を体感してください。


悟りを開くのに苦行は必要ありません。
断食や座禅、瞑想なども必要ありません。


自分に対する意識を変えるだけです。


「意識を変えるだけで、本当に悟りを開けるの?」
「本当に人間を卒業できるの?」



そう思われるかもしれません。


しかし、
筆者はキネシオロジーという手技で、
悟りを開いているかどうか、
確認することが出来ます。


キネシオロジーとは、
筋肉反射テストを用いて
潜在意識の声を聴くテクニックです。


愛に目覚める「悟りメンタル」とは!?

ここまでの話をまとめます。


悟りを開らいている人とは、人間として生きている人ではなく、愛の存在として生きている人です。



筆者はその精神性を、
「悟りメンタル」と呼んでいます。


人間は自分の欲を満たして、
幸せを感じることを目標に生きています。


悟りを開いた人は、
自分の欲を満たすために生きるのではなく、
地球上の全てを大切にして生きています。


あるいは、愛を広めるために生きています。


人間=自分の欲を満たすために生きている。

悟りを開いた人=愛を広めるために生きている。



従って、一般的な人間の発想では、

「何か楽しいことはないかな?」
「どうやって人生を楽しもうかな?」
「もっと人生を充実させるにはどうしたらいいかな?」


と自問する傾向があります。


人間は常に刺激を求め、
楽しいことを探しています。


一方で、悟りメンタルで生きる人は、

「いかに心地良く生きるか」
「いかに愛を広めるか」


という発想で生きています。


悟りメンタルとは、人間を卒業して悟りを開き、愛の存在として心穏やかに生きる精神のこと。



悟りメンタルで生きるメリット

悟りメンタルで生きるメリットは、次のようなものです。


  • 感情の起伏が少ないので、心が穏やかになる。
  • ネガティブ思考が減る。
  • 物事への執着心が無くなる。
  • 好きなことだけをして生きる。
  • 行動のフットワークが軽くなる。
  • 今この瞬間を丁寧に生きる。
  • 孤独感が減り、一人の時間が充実する。


こういったことが挙げられます。


一言で言うと、
生きるのが楽になります。

人間を卒業する勇気

ここまでは悟りを開く方法
などについてご紹介しました。


ところが、人間を卒業して悟りを開く際に、
ある種の抵抗感を感じることがあります。


それは「物足りなさ」です。


人間は欲を満たすために、刺激を求めます。


一方、悟りメンタルでは、
欲が湧かないので、刺激を求めなくなります。


日常生活での刺激が少ないので、心は穏やかです。


しかし、今まで何十年も人間として
刺激を求める生き方が定着しているので、
急に刺激を求めなくなることに
物足りなさを感じてしまうかもしれません。



もう少し深い心理に踏み込むと、
人間を卒業するということは
自分が自分で無くなってしまう恐怖
に直面することがあります。


それが抵抗感となって生じることがあります。


従って、悟りメンタルに慣れるには、
少し時間が必要になるかもしれません。


時間の経過と共に、
新しい自分として生きることに慣れてくると、
穏やかな毎日が心地良く感じることでしょう。


そして、悟りメンタルが定着すると、
それまでの人間の感情的な生き方が、
逆に負担と感じるようになります。


そうなれば、人間を卒業して
悟りを開いた生き方になっていると言えます。


まとめ

人間には欲があり、
欲を満たすために生きています。


欲が満たされると幸せを感じ、
欲が満たされないと悩み苦しむ。


一方、悟りを開いた人は欲が少なく、
愛を広めるために生きています。


欲が少ないので心穏やかに
生きることが出来るのです。


悟りを開く方法は、
「私は愛の存在だ」
と意図するだけです。


そう意図した瞬間に、
あなたの人間エネルギーは
愛のエネルギーに変わっています。


その上で、

・私は愛の存在だから〇〇する。
・私は愛の存在だから〇〇しない。



こんな意識で過ごしてみて下さい。


悟りメンタルが定着して、
今までの自分とは違う
新しい人生が動き出すでしょう。

この記事を書いたプロ

大城ケンタ

自分に自信が持てる心理カウンセリングを行う専門家

大城ケンタ(心理カウンセリングルーム∞ひびき)

Share