マイベストプロ岡山
津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(つたにりょう) / 歯科医

津谷歯科医院

お電話での
お問い合わせ
086-276-4911

コラム

食べられない入れ歯の原因を見つけて!

2021年2月16日

テーマ:やわらかい入れ歯

コラムカテゴリ:医療・病院

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。



「どうしても痛くてこの下の入れ歯では食べられないんです」
こんな主訴で来院された総義歯で71歳の女性の患者さんです。
何時ものように口腔内を診察すると、口の中に残根が残っていて、
その周りの歯ぐきが少し腫れている状態です。

問診によると時々は歯ぐきが痛いこともあったが、今回は特別痛いですと。
体調、病歴から判断して、早速抜歯をしました。
本来残根(歯の折れた欠けら)は抜歯できれば良いのですが、
患者さんの体調やその日の歯の状態(残根の癒着など)で抜けない場合も経験します。

これで咀嚼障害は解決したと思いましたが、問題はまだありました。
患者さんの下顎の舌側下部に小さな骨隆起が左右認められました。
その部分が擦れて痛いために入れ歯をこの骨隆起部分を避けて作るので、
入れ歯が動きやすくなり、また痛くなってしまっていたのです。

指で触ると、やはり痛いのか顔をしかめます。
結局この患者さんは「やわらかい入れ歯」を作ることで食べられるようになりました。
装着して1年ほど経ちますが、三か月毎の定期健診と入れ歯クリーニングで経過は順調です。

このように顎や歯ぐきの状態が悪い患者さんは、
少しの体調不良(歯ぐきの炎症や硬いものの食べすぎなど)で調子が悪くなることもあります。
そのため当歯科医院では、患者さんの入れ歯メインテナンスとクリーニングのため、
三ヶ月毎の来院をお願いしています。

食べられない入れ歯の患者さんの解決のための「やわらかい入れ歯」です。
実は私の叔父も食べられない時期があって、亡くなる二ヶ月前に「やわらかい入れ歯」を作り、
喜んで使っていただいたと後で叔母から聞きました。

食べられることは人生の喜びです。
お困りの方はご相談下さい。
お電話にてご予約の上、ご来院ください。

この記事を書いたプロ

津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(津谷歯科医院)

Share

関連するコラム

津谷良プロのコンテンツ