まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(つたにりょう)

津谷歯科医院

お電話での
お問い合わせ
086-276-4911

コラム

「やわらかい入れ歯」に関する質問を多く頂きました。

やわらかい入れ歯

2017年8月8日

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。



最近「やわらかい入れ歯」についてご質問を頂きますので、
それについてお話したいと思います。
入れ歯の痛みはやはり患者さんにとって耐えられないものと思います。
毎日の食事となれば、尚更です。
そのような状況の中で噛む時に痛くない入れ歯を皆さん探されていると思います。

当歯科医院に入れ歯の痛みでご相談頂く患者さんは全体の半分以上でしょう。
でもその中で本当に「やわらかい入れ歯」の適応症と思うのはその半分以下と思います。

ではどのようなケースが適応症かというと明らかに歯グキが薄く、
粘膜下にシャープな骨や骨隆起が認められる場合です。
来院時の口腔粘膜を指で触っていくと指の圧力だけで痛みを感じると、
(もちろん歯グキに入れ歯のあたりや傷がない場合)
このようなケースは「やわらかい入れ歯」の適応症です。

この場合指より硬い入れ歯で粘膜を圧迫されるわけですので、
歯グキや粘膜は踏んだり、蹴ったりでたまったものではありません。
ですから人工粘膜の医療用シリコーンを入れ歯の粘膜面に加工するのです。
それで随分と食べやすくなり、食べられる食材も増えて、
多くの患者さんは通常の食生活を取り戻します。

中にはそれでも食べ物の硬度によっては痛みを感じることもあるようです。
本当に難症例中の難症例で、何度も入れ歯を作り替えたこともあります。
そのような特殊ケース以外は「やわらかい入れ歯」で皆さんに喜んで頂いています。

では「やわらかい入れ歯」の適応症外の場合とは、
もちろん通常のプラスチックや金属床の入れ歯で対応できます。
よくあるケースは、「初めて入れ歯を作ったが、少し使ってみて痛くて入れ歯を外した」などです。
初めて入れ歯を.通じて噛む力が歯グキに伝わるために、
その痛みを入れ歯の調整して、リハビリをしなければいけない場合です。
以前のコラム「食べて痛い入れ歯サイドの原因は」をご覧下さい。

当歯科医院では痛いからと言って何でも「やわらかい入れ歯」をお勧めするわけではありません。
本当にこの入れ歯でなくては痛みが解決出来ない場合のみです。
入れ歯の痛みで.お困りの方は是非ご相談下さい。

この記事を書いたプロ

津谷良

津谷良(つたにりょう)

津谷良プロのその他のコンテンツ

Share

津谷良プロのその他のコンテンツ