マイベストプロ岡山
津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(つたにりょう) / 歯科医

津谷歯科医院

お電話での
お問い合わせ
086-276-4911

コラム

入れ歯の悩みは人生を変えてしまう程の問題です

2020年1月7日

テーマ:入れ歯相談

コラムカテゴリ:医療・病院

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。



新年を迎え、皆さま方にはお元気でお過ごしの事とお慶び申し上げます。
本年もどうぞよろしく津谷歯科医院をお願い申し上げます。
さて入れ歯のご使用で大きな問題はやはり噛むと痛いことでしょう。

当医院では入れ歯でお悩みの患者さんからご相談をお受けしています。
入れ歯特に総入れ歯では入れ歯の悩みが集約されているようです。

勿論総入れ歯ですと、口の中には歯は一本も無く、入れ歯を固定する歯はありません。
総入れ歯が外れずに歯グキに付いているのは、唾液の力と言われます。
即ち、2枚のガラスの間に水が介在すると、吸着力が生まれるという理屈です。
それは条件の良いケースのことです。

例えば歯グキは変質、腫れていたり、硬い歯グキのはずの歯グキがグニャグニャと柔らかったり、顎の骨が歯周病などで不均等に無くなっていて、本来膨らんでいる骨が陥没していたり、
入れ歯を作っても入れ歯の安定が決して望めそうもない顎の骨や歯グキが多いのも事実です。

昔からの歯科医の先生は歯は歯周病などは骨が十分あるうちに早く抜歯して、
顎の良い状態のうちに入れ歯を作った方が良い入れ歯が出来ると言われています。
これだけ難症例が増えるとそれも間違いでは無い。
事実だと思いますが、使える歯を抜歯する勇気はありません。

逆にそれだけ歯周病という病気は怖いということです。
歯周病にかかった歯を抜歯する頃は、ごっそりと骨が無くなっていて、
しっかりとした入れ歯が作れない患者さんが多いのも事実です。

現代は8020運動,80歳で20本の歯を残そうという時代ですから、
生活のために歯を残すことが長生きできることと言われています。

しかしそれは健康な歯があっての事。
グラグラして腫れて出血して状態の悪い歯は、8020から外れているでしょう。

入れ歯の悩みを伺うとその深刻さがよく理解できます。
ある方は「人生の希望をなくされた」と、
「またこの生活が続くのであれば生きていてもしょうがない」
とお話になる患者さんもいらっしゃいます。
特に食べる事は人生の華、生活の潤いでしょう。

入れ歯でお困りの方は当医院までご相談下さい。

この記事を書いたプロ

津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(津谷歯科医院)

Share
関連するコラム

津谷良プロのコンテンツ