まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(つたにりょう)

津谷歯科医院

お電話での
お問い合わせ
086-276-4911

コラム

保険で出来る奥歯の白い歯について

歯科医院

2018年7月10日

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。



歯に白い歯を被せたいこれは至極当然の希望と思います。
元々歯は白いものということですね。

しかし奥歯には保険の被せる治療のメニューには、多くは金属冠が使われていました。
12%の金を含有したパラジウム合金(貴金属)が一般的に使われています。
腐食も少なく、口腔内でも安定性が高く、強度もあり、操作性も良い材料です。
パラジウムは歯科用以外に車の触媒、装飾などに使われ、
第一産出国のロシアではパラジウム不足とも言われています。

そのパラジウムに変わる材料としてCADCAM冠が保険に取り入れられました。
また金属アレルギーをお持ちの方では、条件はありますが大臼歯までカバーできるようになりました。
私は個人的には奥歯の被せには強度が大切で,
特に入れ歯を支えるクラスプをかける歯にCADCAM冠は、入れ歯の取り外し時の力が強いために
不向きと思います。

特に犬歯の奥の小臼歯あたりはニコッと微笑むと見えるところなので、
金属色の被せはやはりどうもということでしょうか?
特に保険の範囲での奥歯に白い歯は確かに魅力的なことも事実ですね。
それぞれの患者さんによって条件も違うため、よく主治医の先生とご相談下さい。

この記事を書いたプロ

津谷良

津谷良(つたにりょう)

津谷良プロのその他のコンテンツ

Share

津谷良プロのその他のコンテンツ