まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(つたにりょう)

津谷歯科医院

お電話での
お問い合わせ
086-276-4911

コラム

入れ歯はあなたの歯を守ります!

入れ歯相談

2018年2月27日

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。



入れ歯の発音にお困りの、多くの原因は口の中に出っ張る入れ歯の厚みでしょう。
例えば右下の奥歯が4本無い場合、入れ歯の設計は右だけで入れ歯の安定が望めないため、
下の前歯の内側と左の残った歯に維持装置を繋ぐために、入れ歯の厚みが気になるようです。
ある程度厚みを削ったりして調整しますが、中にはどうしても馴染まない方もいらっしゃいます。

歯科医としては例えばプラスチックの入れ歯(通常3~4mm)を1mmの厚みまで削ると、
入れ歯自体が割れてしまいます。
その場合は、金属床タイプ(約1mm・自費診療)をおすすめするのですが、(多くの方は満足していただけます)
やはりそれでも話しにくいとおっしゃる方も中にはいらっしゃいます。

確かに入れ歯は異物です。
特に入れ歯を入れたばかりの頃は、他の器官とのバランスが上手く取れずに、
はっきりした発音になりにくいのでしょう。
しかし入れ歯が合っていれば慣れるにつれて、支障のない発音になってくると思います。

もしどうしても喋りにくい、合わないからと言って入れ歯を使わずにいると、
次に待っているのは残っている他の歯が動き出したり、欠けたりする食べる事による荷重負担です。
そうして歯の無いスペースが増え、さらに入れ歯が大きくなっていくのです。
できるだけコンパクトで小さい入れ歯のうちに、是非慣れて頂きたい。

入れ歯は決して異物ではなく、あなたの残った歯を守る道具であってほしいと思います。
それを.お決めになるのは患者さん自身です。

インプラントも異物です。
当然入れ歯と同様に一長一短があります。
ご自分の歯に勝るものはありません。

この記事を書いたプロ

津谷良

津谷良(つたにりょう)

津谷良プロのその他のコンテンツ

Share

津谷良プロのその他のコンテンツ