まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
津谷良

入れ歯と訪問歯科診療のプロ

津谷良(つたにりょう)

津谷歯科医院

お電話での
お問い合わせ
086-276-4911

コラム

入れ歯が外れやすく、ゆるくなった時は?

入れ歯

2017年10月19日

皆さん、こんにちは!いかがお過ごしですか?
津谷歯科医院 院長の津谷 良です。



入れ歯を長い期間使用していると、入れ歯がゆるくなって外れやすくなります。
それは、入れ歯を作った時と比べて、口の中が変化したためです。
入れ歯自体は変わらないのですが、患者さんの歯グキや骨の形の変化で、
現在の歯グキと入れ歯の内面に隙間ができたものと思われます。

その時は歯科医院で新しく入れ歯を作るか、
または入れ歯の内面を裏打ちして今の歯グキの形に合わせるか、
どちらかの処置になると思いますが、詳しくは歯科医師の診断に任せましょう。

体は時間と共に変化し、変わってきます。
もちろん口の中も同じです。
少しずつの変化のため患者さんにはわかりにくいこともあると思いますが、
入れ歯が外れやすいとか入れ歯のあたりができやすいとかで気になる時は、
早く歯科医院を受診しましょう。

入れ歯安定剤の使用をコマーシャルで見かけますが、
患者さんによっては入れ歯安定剤を使うものだと思い込んでいる方もいるほどです。
しかし安易な長期使用は歯グキの病気を引き起こします。

基本的には短期使用に止め、歯科医師とよく相談の上入れ歯を調整してもらってください。
入れ歯はフィット感が大切です。
少しでもゆるいと感じたら、歯科医院へご相談ください。

この記事を書いたプロ

津谷良

津谷良(つたにりょう)

津谷良プロのその他のコンテンツ

Share

津谷良プロのその他のコンテンツ