マイベストプロ岡山
増本真一

子どもが「自ら考え解決する」本物の学力を育てるプロ

増本真一(ますもとまこと) / 塾講師

算数パズル教室 てらこや

お電話での
お問い合わせ
086-224-9677

コラム一覧

RSS

6月24日号の「さりお」に掲載されます!

2022-06-23

6月24日号の「さりお」塾特集で、てらこやの記事を掲載していただきます。算数パズルの教室ですが、今回は国語の分野を中心に記事を書いていただいています。なぜ、てらこやはそんなに国語に力を入れているの...

無料体験チラシ答え     2022年3月

無料体験チラシ答え     2022年3月

2022-03-26

チラシをご覧頂いた皆様 ありがとうございます。裏面の解答は次の通りです。上級レベル中級レベル   5 初級レベル 以上です。いかがでしたか?教室では、チョット難しくて楽しい様々な...

「やってよかった!」先輩たちの声

2022-03-04

先日、小学校1年生から高校3年生になるまで、てらこやに通ってくれた男の子が、卒業式を終え、お母様と一緒に遊びに来てくれました。春からは県外の大学に進学し、デザインを学ぶそうです。彼が、小学生の時の...

おかやま新聞コンクールに11年連続入賞しました!

2022-02-24

国語 勉強法

先日の山陽新聞主催「おかやま新聞コンクール」にて、今年もてらこやの「国語力伸びる講座」受講生全員入賞しました。これで「国語力伸びる講座」受講生が11年連続入賞したことになります。皆さんの素晴らしい...

子ども達のことを第一に

2022-02-18

最近のコロナ感染状況で、学級閉鎖、休園、休校などの話を聞くようになり、感染が身近に迫っているのを感じます。保護者の方にお聞きすると、周りに情報がなく、感染状況が見えないと心配そうに話されます。て...

新型コロナウイルス感染症対策で 答えのない難問に大人達はどうこたえる?

2020-03-02

本当に大変なことになりました。今日から小学生、中学生、高校生は、一カ月あまりお休みになります。てらこやでも、授業をすべきかどうか色々と検討し、今日から6日までお休みとし、その間教室や教具の消毒を...

おかやま新聞コンクール 5年連続最優秀賞受賞!

2020-02-26

てらこやには、書くことを学ぶ作文コース「国語力伸びる講座」があります。この講座の生徒は、力試しで年に2回「わくわく文庫読書感想文コンクール」と「おかやま新聞コンクール」に応募します。先日、2020年...

低学年のできる子にありがちな落とし穴

2020-02-18

体験に来られたあるお子さんにパズルの教具を目の前でやって見せ、そのままその教具を使ってチャレンジさせるとスイスイやってのけました。しかし、次に同じ教具の違う組み合わせのものを使ってやってもらうと...

計算ができるようにするために

2020-02-12

小学生になると毎日課せられる計算カード。効果が上がるようにしていますか?まず、10の補数をしますね。そして、繰り上がりや繰り下がりの計算へと移っていきます。これは、10の補数を使って合成や分解をし...

夏休みの読書感想文で、金、銀、銅!

2020-01-27

毎年、校内生を対象に読書感想文の講座を開いています。一人だと自分がどんなテーマで書こうとしているのか、どんな構成にするのかをあいまいなまま書いてしまい、原稿用紙の前で途方に暮れてしまいます。...

算数、計算ができないのは、国語ができないから?

2020-01-20

数学 勉強法

一年生になって算数ができなくて、困り果てていらっしゃる方いませんか?実は、算数が苦手なお子さんの中に、言葉がネックとなっている場合があります。例えば、90を3つに分けると?と聞いても、3つずつに分...

勉強中に「じゃあ・・・」「ラッキー」?

サイコロのパズルがあります。ある軌道で転がし、止まったところでの上の目の数を頭のイメージだけで答えるのですが、軌道が長くなればかなり難問です。ある生徒が「5」と答え、違っていたので「違う」と言う...

国語が苦手な子どもにしないために

国語が苦手な子どもにしないために

2019-02-08

以前、歌手の由紀さおりさんが、番組であるエピソードを話されていました。それは、「しゃぼんだま」を歌ったときのこと。 しゃぼんだま とんだ 屋根まで とんだ これを聞いた最近の子どもたちは、シ...

今年も金賞受賞! わくわく文庫読書感想文コンクール2018

2018-10-16

10月14日日曜日、東京の御茶ノ水ソラシティにて表彰式がありました。今年は、約560作品の応募があったそうです。その中でてらこやから5名の入選者があり、表彰式に出席いたしました。その結果、何と高学年の...

快挙! わくわく文庫読書感想文コンクール2017で、金賞、審査員長賞、社長賞 受賞しました!

快挙! わくわく文庫読書感想文コンクール2017で、金賞、審査員長賞、社長賞 受賞しました!

2018-10-09

ようやく更新しました。実は昨年のわくわく文庫読書感想文コンクールで輝かしい成績を収めました。4名が一次審査を通過し入選しました。そのうち6年生の方が高学年の部金賞を、3年生の方が社長賞を頂きまし...

この専門家が書いたJIJICO記事

幼児期からの早期教育 大切なのは「体験させる」こと

幼児期からの早期教育 大切なのは「体験させる」こと

2017-10-26

子どもの早期教育、どんなことを、どんな風に学ばせるべきか悩んでいる親御さんも多いもの。しかし、幼児期から文字や九九を覚えさせるだけが早期教育ではありません。

口腔崩壊から見える親から子への負の連鎖 どうすれば断ち切れるか?

口腔崩壊から見える親から子への負の連鎖 どうすれば断ち切れるか?

2017-06-07

10本以上の虫歯などで食べ物をうまく噛めないことを口腔崩壊と言いますが、35%の学校でこの症状をもつ生徒がいるようです。口腔崩壊から見える経済格差やネグレクトなどといった社会の根深い問題について解説します。

増本真一プロのコンテンツ