マイベストプロ大分
  1. 【シリーズ・画家にできること】LIFE・地球の絵を通じて考えること

コラム

【シリーズ・画家にできること】LIFE・地球の絵を通じて考えること

2020年6月30日

テーマ:絵画作品

コラムカテゴリ:くらし

コロナ禍で自分にできることとして
「画家にできること」シリーズをアップしてきましたが、
そろそろいいかな、とも思いましたが、
作品を描いた当時の気持ちや、
その作品を通じて、なにか社会に投げかけたいという思いは
当然いつもあり、

あらためて
画家にできることは、

やはり絵を通じて、
見て下さる方に、

なにかを考えるきっかけを与えたり、
心に訴えていくことだと思いますので、

この機会だからこそ、
引き続き、アップして行きたいと思います。

今日は、地球を考える作品



芳賀健太・絵画・作品・LIFE


「Life(2017・パネル・油彩・900×900mm)」芳賀健太kenta yoshiga

この作品を描いたのは2017年、

北朝鮮とアメリカが核戦争を始めるのではないか、、という時期があり、

隣の国のことだから、もちろん恐ろしい危険を感じましたが、

それ以上に

始まったら、もう地球が終わるなと思い、この星が命そのものだと思い、
平和を願い描いた作品。


制作過程


あえてシンプルに、
リアルな地球を描きたいと思い、

制作過程にはこだわり、

実はマグマの赤を描き、
その上に土の茶色や黒を重ね、
その上に海や雲、大気、島の色を重ねて仕上げています。


芳賀健太・制作過程
(制作当時のアトリエ・ごちゃごちゃしてますが、制作当時の写真はこの写真しかなかったので、あえてアップします(^^;))

表面では見えないので、
無駄なことかもしれませんが、
大切なものを詰め込みたかったので、
あえてやってみました。

これは、東京のギャラリーでの個展で、初めて発表したのですが、

芳賀健太個展の様子




海外から来た同じお客さんが、
3回もこの絵を見に来てくれて、
僕の意図したことが伝わったようで、
その方のお友達の日本人の方を通じて
熱く色々話してくれました。

たしかこの時が

絵画を通じて
言葉を越えて、
詰め込めた想いが伝わった
初めての経験だったので、
とても嬉しかったことを覚えています。

そして、今あらためて考える


そして2020年の今、

コロナ禍で、
世界的なパンデミックが起こり、
あらためてこの地球について考えさせられます。


やはり、人間は
自然には、とうてい敵わないもの。

でも、人間もこの星の一部。

大いなる自然に生かされていることを自覚して、
次に向かってどう動いていくか、
地球上のすべての人が試されているんだろうなと思います。


▼自身の絵本作品「ゆめつくり虫」の読み聞かせ動画をyoutubeで無料公開しております。
是非ご覧ください。(これから動画もどんどんアップしていきますので、チャンネル登録もよろしくお願いします♪)

https://www.youtube.com/watch?v=jPch3vJB8fU&t=24s


「ゆめつくり虫」の絵本の購入はこちら
↓↓↓
https://kukanpainter.thebase.in/items/6767036

■空間ペインター代表芳賀健太の絵画ギャラリーページはこちら

https://mbp-japan.com/oita/yoshiga/gallery/4400058/

http://kukanpainter.com/pg99.html

■空間ペインターが総合ディレクターとして手掛けた「恋叶トンネルアート」を紹介するホームページが出来ましたので、こちらもご覧ください☆

http://kukanpainter.com/pg131.html


■空間ペインターの活動や、その他の作品などを紹介しているホームページはこちら。
http://www.kukanpainter.com
■空間ペインターのこれまでの壁画紹介はこちら↓
http://www.kukanpainter.com

■壁画の制作料金については下記ページをご参考ください。
http://mbp-oita.com/yoshiga/service1/130/

■オーダー絵画制作についてはこちらをご参考ください。
http://mbp-oita.com/yoshiga/service1/131/

この記事を書いたプロ

芳賀健太

絵画の力で人の心を豊かにし、見える世界を変えるプロ

芳賀健太(空間ペインター)

Share

関連するコラム