まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
諌山正典

満足度の高い歯科治療のプロ

諌山正典(いさやままさのり)

NOAH DENTAL OFFICE(ノアデンタルオフィス)

お電話での
お問い合わせ
097-533-7100

コラム

入れ歯の安定しない要因とその対策

義歯・入れ歯

2015年8月25日


入れ歯の具合が悪い、落ち着かない、噛めない、しっくりこない・・・etc。そんな訴えを解決する度に思うことは、いかに「咬み合わせ」のバランスが大事かということです。上記のような訴えがある場合、各種のバランスのずれを整えることで問題が解消します。




1.咬み合わせの左右の高さのずれ
これは比較的、簡単に対処できます。高い方を削るか、もしくは低い方に樹脂を盛り上げて、バランスをとればOKです。

2.咬み合わせの前後の高さのずれ
咬みあう場所が前方や後方に偏っていると、咬んだ時に入れ歯が外れやすくなります。小臼歯の部分を中心にしてバランスをとると、咬んだ時に入れ歯が外れにくくなります。

3.顎の位置のずれ
これは少し厄介です。ずれてからあまり時間が経過してなければ、すぐに治ることもありますが、長いときは半年~1年くらいバランスを整えるのにかかることがあります。

4.歯のポジションのずれ
顔や歯茎に対する歯の位置のバランスがとれてないこともあります。この場合は、入れ歯を作り替えることで、問題を解消できます。

5.歯茎と義歯のずれ
入れ歯の粘膜面と歯茎のフィット感が悪い時は、歯茎の形態を整える調整剤を入れ歯と歯茎の間にいれて、一定期間、歯茎が固く引き締まるまで使用してもらいます。歯茎が固く引き締まってから型を取ると、入れ歯をセットした後も歯茎の形が変わりにくく、入れ歯が長持ちします。

実際は、上記の症状が複数組み合わさっていることがほとんどで、正確な診断と治療方針を立てて、問題解決を試みます。

この記事を書いたプロ

諌山正典

諌山正典(いさやままさのり)

諌山正典プロのその他のコンテンツ

Share

諌山正典プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
097-533-7100

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

諌山正典

NOAH DENTAL OFFICE(ノアデンタルオフィス)

担当諌山正典(いさやままさのり)

地図・アクセス

諌山正典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

諌山正典のソーシャルメディア

facebook
Facebook

諌山正典プロのその他のコンテンツ