まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ新潟
西野弘幸

労使トラブルから中小企業を守るプロ

西野弘幸(にしのひろゆき)

西野労務士事務所

西野弘幸プロのコラム一覧:ついうっかり。

さて、労使協定に関して、時間外労働等と、変形労働時間制のお話をさせていただきましたが、他にも協定が必要なものが沢山あります。良く忘れてしまいがちなのが、「賃金からの控除に関する協定」です。賃金の支払いの際には、「全額を支払う」事が、法律により決まっています。これの例外が...

さて、労使協定に関しての2回目になります。1回目が36協定ですので、同じく労働時間の関係で行きたいと思います。「変形労働時間制に関する協定」についてです。これは結構誤解している方が多いものです。先ず、どんな時に協定をしなければいけないのか、監督署への提出はどうなのか。...

他の社労士の方々が就業規則等に関して詳しく解説をして頂いているようなので、私は労使協定について、「ついうっかり」忘れてしまいがちな事や、間違ってしまいがちな事を書いていきます。さて、まずは労使協定の横綱!! さ~ぶ~ろ~くぅ~  きょ~て~い。すいません。調子に乗りました<...

前回の雇用期間に関するコラムに予告しましたが、今回は期間雇用を更新した場合に関して書きたいと思います。 期間を決めて人を雇う場合。「〇月〇日から△月△日まで」となると思います。アバウトに「〇月ごろから△月ごろまで」なんて決め方はダメですよ。 さて、その決めた期間で退職の場合に...

今回は、雇い入れの期間を定める時を取り上げます。先ず、現在の労働基準法で決められている雇い入れ期間の上限は、原則3年です。(例外として5年間も有ります。60歳以上の方の場合等)これはあくまでも期間を決めて雇い入れる場合ですから、期間を決めないで雇い入れること自体は全く問題ありま...

西野弘幸プロのその他のコンテンツ

Share

西野弘幸のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2015-10-17
facebook
Facebook

西野弘幸プロのその他のコンテンツ