マイベストプロ長崎

コラム

子どもの自信を育てる、親の関わり方のコツ

2023年1月25日

テーマ:子育て・親子関係

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

最近、子育てについてのお悩みを
伺うことが多いので

今日は、子どもとの関わり方についてのお話です。

子どもに自信を持たせてあげたいけど
どうしていいかわからない。

ついつい口うるさく言っちゃって、
逆にやる気を無くさせてしまう・・・

口を出しすぎるのもよくないと
わかっているけれど

放っておいたら
どんどん悪い方向にいきそうで
口を出さずにいられない。

こんなジレンマに
モヤモヤしている方も多いと思います。

それもこれも
子どもを大事に思っているからこそ、なんですよね。


●自信がなくなってしまうとき

私が以前、「自信」について
感じたお話をお伝えします。

数年前、私が
ペーパードライバーを卒業したばかりのころです。

毎日の運転の練習の成果か、
だんだんといい感じで運転が楽しくなってきました。

それまでは、車が通らない
裏道の駐車場に停めていたのですが

いよいよ道路に面した
玄関横の車庫入れに挑戦することにしたんです。

・・・が、見事にグダグダで
もう、全然入れられる気がしなくなりました(涙)

まさに、自信喪失です。

こんなふうに、一度、
何かで自信が持てたとしても、

「それで万事OK!何もかもうまくいく」
ということはなく

初めてのこと、同じことでも
違うシチュエーションになると

自信なんて、
簡単になくなっちゃうものなんですよね。


●自信を持たせてくれる言葉

そんな時に、運転の練習に
付き合ってくれていた息子が

「落ち込んでる時はやめよう。また明日やろうよ」

「この角度でこうやってみたら大丈夫だよ」

と、ダメダメな母を責めることなく
一緒に考えてくれたことが、

「よし、また頑張ってみよう!」
と思わせてくれました。

たぶん、ここで

「何やってんだよ。
できるとか言いながら全然ダメじゃん。
もっと練習しないと!」

と言われていたら、

運転が苦痛以外の
何物でもなくなっていた気がします。


●自信を育てるために、親ができること

結局、周りがどんなに心配したり、
期待したりしたとしても

実際にやるのは自分です。

たとえ親でも、
子どものすべてを肩代わりすることは
できないんですよね。

だから、うまくいかなかったり
思うような結果が出なかったりした時に

そんなダメダメな自分を信じて
見守ってくれて、応援してくれる人がいることが、

子どもにとっても
前に進む力になり、
それが自信につながるんだなあ、と思います。

自信をつけてほしい人がいたら、

その人が「よし、頑張ろう!」と思える
安全地帯を作ってあげることがオススメです。

相手の心に届く言葉の使い方は、
こちらも参考にしてみてくださいね。

子育てにお悩みの方は
まずは、お気軽にお話にいらしてください。

-----

カウンセラー:松尾 聡子

◆ホームページ
https://www.leport-n.com/

◆ブログ
http://ameblo.jp/fsd-counseling/
http://ameblo.jp/leport-nagasaki/

この記事を書いたプロ

松尾聡子

夫婦関係のカウンセリングのプロ

松尾聡子(Le Port(ル・ポール))

Share

松尾聡子プロのコンテンツ