マイベストプロ長崎

コラム

ストレスを「味方」にする魔法の言葉

2022年9月21日

テーマ:心のととのえ方

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

コラムキーワード: メンタルヘルス 対策セルフセラピー夫婦問題 相談

夫婦関係はもちろん、
親子関係、職場での人間関係、ママ友・・・

などなど、対人関係のストレスにお悩みの方、
とても多いと思います。

特に、対人関係に不満はなくても
ストレスの種は
あちこちに転がっているものです。

たとえば
歩きスマホにイラッとしたり

スーパーで、自分が並んだレジだけが
なかなか進まなかったり。

「ストレスをなくそう!」と思って
どんなに気をつけていても

そんなふうに
自分の意思とは関係なくやってくる
ストレスもあります。


●良いこともストレスになる

また、ストレスって
悪いことばかりがストレスになるわけでも
ないんです。

ストレスというのは
平常時とは違う出来事が起きて
心に負荷がかかると

それはいいことでも、悪いことでも
ストレスになるものです。

たとえば、「結婚」って
おめでたいことですが

生活がガラッと変わりますし
いろんな書類の手続きがあったり
お引っ越しをしたり

相手の親族との付き合いが
始まって、いろいろ気を使ったり・・・

と、良いことやおめでたいことも
ストレスになります。

つまり、ストレスって
生きていく上で
避けられないものなんです。


●ストレスと上手に付き合う

それならば。

ストレスをなくそうと努力するよりも
「上手に付き合う」
ことができるといいですね。

そして、ストレスは
「見方」を変えることで

「味方」にすることもできるんです。

というわけで
ストレスの「見方」を変えることができる
魔法の言葉をご紹介します。

それは

「よかった!」です。

「ん?」と思われた方も多いと思いますので
ためしに、ちょっとやってみましょう。


●実践!「よかった」

やり方は簡単です。

まず、すごく
ストレスを感じる出来事を
思い出してみてくださいね。

たとえば
「夫の浮気の証拠を見つけた」とか

「子どもが大事なお皿を割っちゃった!」とか

「ママ友が自分の悪口を
言っているのを聞いちゃった」とか。

思い出したら
その出来事を言葉にした直後に

「よかった!」と
声に出して言ってみてください。

「いやいやいや、
絶対に『よかった』なんて思えないから」

と思っても大丈夫です。

「よかった」と
口に出して言うことで、

あなたの脳が勝手に、
その出来事の中で「よかった」と思えることを
探しに行ってくれますから。


●夫の浮気の証拠を見つけたとき

実際に
カウンセリングの場面でも

夫の浮気の証拠を
見つけてしまった方が
「よかった」と言った後、

しばらく「うーん」と
目を瞑っていましたが

(このとき、脳がフル回転して
「よかったこと」を探してくれてるんです)

ふと、目を開けて

「何かあったときに
夫より優位に立てるネタができた」

「今まで気を使ってビクビクしてたけど
これからは堂々としていられる」

「もし離婚になっても
慰謝料たっぷりもらえる」

などなど、いろいろと
「よかった」ことが出てきました^^

ぜひ、試してみてくださいね。

こんなふうに
心をラクにするコツは
こちらでもお話しています。

-----

カウンセラー:松尾 聡子

◆ホームページ
https://www.leport-n.com/

◆ブログ
http://ameblo.jp/fsd-counseling/
http://ameblo.jp/leport-nagasaki/

この記事を書いたプロ

松尾聡子

夫婦関係のカウンセリングのプロ

松尾聡子(Le Port(ル・ポール))

Share

関連するコラム

松尾聡子プロのコンテンツ