まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
松村篤

労働生産性向上のプロ

松村篤(まつむらあつし)

みやこ社会保険労務士事務所

コラム

管理監督者と深夜業

2010年11月7日


顧問先様にお願いしている事項に、「管理監督職と定めている方」の
出勤簿なりタイムカードなりの作成があります。

労働基準法第41条第2項に定める管理監督職は「労働時間、休憩及び休日」に関しては、
適用しないというのが法定上の取り決めです。
ここで注目してほしいのは「深夜業」は適用除外とされていないという事実。

つまり、深夜に働いたかどうかは事業主が「管理する」事項ということになります。

また、出勤簿等は、健康保険の傷病手当の初回手続きの際に、
「出勤状況」を確認する為の添付書類として
準備が必要ですし、その他、離職票を作成するときにも添付書類として必要になります。

ときおり「先生に頼めば、(出勤簿等)はいらないんでしょ?」と。おっしゃる方もいますが
それは、「提出の時」にいらない(社会保険労務士法第17条付記)のであって、
書類を作成するときは、「必要」な書類になります。

管理監督者でも、労働時間の記録はきっちりとしてください。

今回の内容の参考
労働基準法 第41条
労働基準法施行規則 第54条
通達 昭和23年2月3日 基発第16号

この記事を書いたプロ

松村篤

松村篤(まつむらあつし)

松村篤プロのその他のコンテンツ

Share

松村篤のソーシャルメディア

facebook
Facebook
google-plus
Google+

松村篤プロのその他のコンテンツ