まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
矢田倫基

生活再建を支援する任意売却のプロ

矢田倫基(やたともき)

烏丸リアルマネジメント株式会社

お電話での
お問い合わせ
075-253-0881

矢田倫基プロのコラム一覧:代位弁済・期限の利益喪失

前回のお話しの中で、代位弁済には事業再生を目的した代位弁済があることお伝えしました。こういった代位弁済が行われると、以後、金融機関との話し合いの場が多く持たれます。その話し合いを行う上で、事業者として、知っておいた方が良いことについて、今日はお話ししたいと思います。...

金融機関によって代位弁済されると、一般的には担保にとらている不動産はすぐに競売の申し立てがされてしまいます。しかし、これは一般論で、「代位弁済」=「すぐに競売になる」とは限らず、先日お話しさせてもらった事例でも、代位弁済されてから20年経ってから競売になってしまうとい...

代位弁済という行為は、債権者が債務者の債務不履行など契約違反が生じたときにとる手続きとなります。また、代位弁済が行われるということは、債務者の方が継続した返済が不可能であると判断されるため、債権者は担保にとっている不動産をすぐに競売にかけるというのが一般的な流れになり...

住宅ローンの滞納が繰り返し行われると、「期限の利益喪失のお知らせ」といった普段、聞きなれない言葉が題された手紙が銀行から送られてきます。この期限の利益喪失とは、住宅ローンを分割して銀行に支払うことのできる債務者の権利(期限の利益)が失う(喪失)という意味です。前々回(...

住宅ローンの滞納が累計で3回(一部金融機関では累計滞納回数卯6回)を超すと、銀行から保証会社に窓口が変わります。銀行は回収できないと判断した債権を、保証会社に立て替えさせるためにこのようなことが行われるのです。保証会社は債務者にとっての保証人という立場でもあります。...

矢田倫基プロのその他のコンテンツ

Share

矢田倫基プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-253-0881

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

矢田倫基

烏丸リアルマネジメント株式会社

担当矢田倫基(やたともき)

地図・アクセス

矢田倫基プロのその他のコンテンツ