まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
矢田倫基

生活再建を支援する任意売却のプロ

矢田倫基(やたともき)

烏丸リアルマネジメント株式会社

お電話での
お問い合わせ
075-253-0881

コラム

競売取り下げで裁判所からお金がもらえる・・・!?

競売

2016年1月15日 / 2016年9月1日更新

競売の申し立てには費用が発生します。

大阪地方裁判所:約90万円
京都地方裁判所:約80万円
大津地方裁判所:約70万円
神戸地方裁判所:約70万円

これらのお金を予納金と言い、最初に裁判所へ預け入れをしなければならないお金になります。
そして、その費用は債権者が立て替えるというかたちで支払われ、最終的には債務者のローンの債務に加算されてしまいます。

任意売却などによって、競売が途中で取り下げられた場合、これら予納していたお金は全額使う必要がなくなり、裁判所はお金を返さなければならなくなります。
競売の取り下げ時期によっても異なりますが、おおよそ20万円~40万程といったところでしょうか。
しかし、戻るといっても、そのお金は債権者が立て替えたお金なので、債務者の方は受け取ることはできません。

ところが、次のようなケースになると、債務者の方が、そのお金を受け取ることが出来るようになるのです。

どのような場合か・・・。

1番抵当権者(競売申し立て権者):A銀行:請求債権額1,000万円
2番抵当権者:B銀行:請求債権額 500万円

というような債務状況で、A銀行が代納金100万円を支払い、競売の申し立てをする。
1,200万円の売却価格で任意売却が行われ、競売が取り下げられたとしましょう。

A銀行は競売申し立て費用100万円と合わせて、任意売却によって全ての請求債権額1,100万円を回収することができるようになります。

結果、A銀行は予納金の還付を受けとる必要が無くなります。
そうすると、その還付金はなんと債務者の方が受け取ることができるようになるのです。

まだ借金が残っているB銀行は、その還付金を受け取ることが出来ません。

但し、B銀行とA銀行が協力しあえば、B銀行は還付金を受け取ることができるようになります。

しかし、金融機関によっては、競売取り下げに伴う還付金は、他債権者に渡すべきものではなく、債務者に渡すべきだと考える金融機関もあったりするのです。

他債権者にまだローンが残っているにも関わらず、競売の取り下げによって、思わぬ大金を手にするというこがあるのです。

以上、「競売取り下げで裁判所からお金がもらえる・・・?」のお話しでした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『法律相談から不動産売却まで安心ワンストップ』
公式ホームページはこちらです。
烏丸リアルマネジメント株式会社
代表相談員 矢田倫基 / 司法書士 矢田明日香
電話相談:フリーダイヤル 0120-570-400
メールでのご質問・お問い合わせは こちら

この記事を書いたプロ

矢田倫基

矢田倫基(やたともき)

矢田倫基プロのその他のコンテンツ

Share

矢田倫基プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-253-0881

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

矢田倫基

烏丸リアルマネジメント株式会社

担当矢田倫基(やたともき)

地図・アクセス

矢田倫基プロのその他のコンテンツ