まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
饗庭多嘉男

住み心地を高める建築のプロ

饗庭多嘉男(あいばたかお)

有限会社アイバ工務店

コラム

風景を家に取り込む2階リビングの家

眺望を楽しみたい方の2階リビングという選択

住宅を大きく分けると、リビング・ダイニングなど生活の中心となる部屋、寝室などのプライベートルーム、水まわりや収納といった生活を支えるスペースで構成されています。

2階建ての住宅の場合、リビングは1階、プライベートルームは2階というのが一般的ですが、リビングの居心地の良さを追求するならば、2階にリビングを設けるのも一案です。
2階は日当たりが良い、風通しが良い、明るい、という快適さの条件がそろっているうえに、眼前に景色が広がり眺望を楽しむことができます。夜は、リビングから続くバルコニーに出て、家族で星空を眺めることもできます。

また道路に面した家や、隣家がせまっている敷地の場合、1階にいると外からの視線が気になるものですが、2階をメインフロアにするとプライバシーを確保でき、のびのびと暮らすことができます。

2階をLDKの大空間にすると、1階は必然的に小部屋が多くなり、柱や壁が多くなることによって、耐震性能も上がります。また屋根の高さもある程度は自由に設定できるので、天井を高くする、あるいは屋根に合わせた勾配天井にすると、より空間に広がりを持たせることができます。

2階リビングのデメリット

デメリットとしては、1階に子ども部屋を設けた場合、子どもさんが玄関から自室へ直行することによって、コミュニケーションがとりにくくなることです。

また2階がメインですので1階が手薄になりがちで、セキュリティに配慮する必要があります。

また買い物や宅急便で届いた荷物などを2階まで運ぶ労力や、生ごみを出す手間、来客に対応する手間などもデメリットと言えるかもしれません。さらに1階が暗くなりがちです。

家は一生モノですから、永く快適に暮らしたいものですが、後々のことを考えるとエレベーターをつけるといったリフォームが必要になるかもしれません。

また庭に直接通じる間取りではなくなりますので、庭いじりなどがお好きな方には少し手間が増えるかもしれません。

デメリットをカバーする家づくり

何カ月もかかる家づくりの中で、もっとも楽しく、もっとも頭を悩ませるのは間取りを考える時ではないでしょうか。日常の生活パターンを思い浮かべ、それぞれのご家族にピッタリの間取りを実現したいものですね。

しかし、寝る時間を除くと、リビングで過ごす時間が一番長いので、周辺環境、立地条件、ご家族のライフスタイルなどを検討し、2階リビングをおすすめする場合もあります。

暮らす人によって心地良さは変わりますし、どんな間取りを採用するとしても、デメリットはつきものです。それをいかにカバーするかが、住みやすい家づくりのポイントになります。

この記事を書いたプロ

饗庭多嘉男

饗庭多嘉男(あいばたかお)

饗庭多嘉男プロのその他のコンテンツ

Share

饗庭多嘉男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-575-3633

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

饗庭多嘉男

有限会社アイバ工務店

担当饗庭多嘉男(あいばたかお)

地図・アクセス

饗庭多嘉男プロのその他のコンテンツ