まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ高知
由籐久和

家計に適した住宅取得・住宅ローンや保険を提案するプロ

由籐久和(ゆとうひさかず)

ファイナンシャルプランナー FPライフ

由籐久和プロのコラム一覧

     家計プランナーのつぶやき‼ 30年:5月       家計診断事例 (住宅取得で老後破産?)今年に入っても家計診断、家計見直しでの相談は多くあるが、最近多く、悩ましいのが住宅取得、取得後の相談である。相談者の多くが住宅取得などでローンを払っていけるか、教...

 家計プランナーが考える生命保険の基本的な考え方! 保険見直し、保険加入相談で家計プランナーから見た損をしない生命保険の基本的な考え方を皆さんにお伝えしたと思います。 まず、多くの方が生命保険に加入していると思いますが何のために保険に加入していますか?死亡、入院、特定疾...

                     家計プランナーのつぶやき                                                 家計プランナー                                               ...

相談事例『30代からの家づくり』最近の相談事例を見てみると家づくりのご相談が保険相談の次に多かったですね。しかも20代後半~30代のかたの家づくりやマンション購入相談。そこでご相談事例を踏まえてお伝えしたいことは気をつけて欲しいこと正しい家づくりの手順とは...

『貯蓄ができない人の理由』 『保険』最近の相談事例の具体的な悩みの多くは『貯蓄ができない』『保険の見直し』『教育資金』についてのご相談が多数でした。そこで今回は家計改善のために『貯蓄ができない人の理由(原因)』その2!『保険』を考え対応策を検討してみましょ...

家計診断事例 『貯蓄ができない理由』最近の相談事例の具体的な悩みの多くは『貯蓄ができない』『保険の見直し』『教育資金』についてのご相談が多数でした。そこで今回は家計改善のために 『貯蓄ができない理由(原因)』 を考え対応策を検討してみましょう!まずは、知ってお...

家計相談実例その1相談者Aさん(35歳)会社員 年収(450万円)   配偶者(35歳)会社員 年収(250万円)    子 (3歳)    子 (1歳)Aさんご夫婦より家計診断を依頼され、ヒアリングを開始。当初ご夫婦の不安材料は現在の貯蓄残高とこれからの子供にかかる教育費...

消費税の増税や扶養控除の廃止など、家計に関わるお金の状況は今後厳しくなると予想されます。「これからのことを考えて、そろそろ家計を見直したいけど、どこをどうすればいいのかわからない」というお悩みをお持ちであればファイナンシャルプランナー(FP)にご相談いただくことをおすすめ...

住宅ローンの借り換えメリットは、返済利息額が削減できることです。でも、事前に十分な情報収集をせずに借り換えをして、後から「こんなはずじゃなかった」とならないように、住宅ローンの借り換えのメリット、デメリットをご紹介します。 住宅ローンの総支払利息を減らせる借り換えの条件...

色々なところで目にすることが多くなった老後破産という言葉。老後破産を回避する方法をお伝えします。 まずは家計診断で現状把握と将来設計作成 第1にすることは毎月、毎年の収支や貯蓄残高、貯蓄内容、加入保険の確認など家計診断で家計の現状を知ることが大切です。問題点を顕在化する...

住宅を購入する場合は、頭金を物件価格の2割準備した方がよいといわれています。その理由としては、以前は物件価格の8割までが住宅ローンで借入できる上限だったからです。しかし、現在は物件価格を借入できる住宅ローンが増え、諸費用分の借入も可能な住宅ローンがあり、頭金がなくても住宅...

住宅ローンを決めるときに悩むポイントは、住宅ローンのタイプを固定金利にするか、変動金利にするかではないでしょうか。それぞれのメリット・デメリットをご紹介しますので、金額だけでなく自分自身が納得するための十分な検討を行って金利タイプを選びましょう。どちらを選ぶにしても...

繰り上げ返済は将来の利息支払い分を減らし、完済を早めることができます。将来的に払う利息軽減効果には有効ですが、無理をして繰り上げ返済をしてしまうことで、手元の現金が減ってしまい、急な事態に対応できなくなるという落とし穴も…。ローン金利や家庭環境も判断材料にすること、借...

どれだけ理想的な良い土地を買っても、どれだけ素晴らしい家を買ったとしても、お金が回らなければ全部ダメになってしまいます。住宅ローンを払うために精一杯の経済状況だと、病気になったりリストラにあったりして収入が減る、住宅ローン支払額が上昇すると住宅ローンを払えなくなる危険が...

家づくりは大きく分けて、工務店、ハウスメーカー、設計事務所の3つの依頼先があります。それぞれ仕事の内容に特徴があり、必要資金や家づくりに対する想いが違うことなどを知った上で、自分たちに一番合う依頼先を選びましょう。また、どこに依頼をするにしても施主が主導で家づくりをするこ...

由籐久和プロのその他のコンテンツ

Share

由籐久和プロのその他のコンテンツ