まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
辻上周治

産業医として企業を支えるプロ

辻上周治(つじがみしゅうじ)

つじがみクリニック

コラム

休養中の面談

産業保健

2013年3月22日

 欠勤であれ、休職であれ、病気になって長期休養されている社員に対して
定期的に面談している企業は多いです。逆に、休養されてから全く連絡を
取っていない会社があることも事実です。実際に面談を実施しているのは、
人事担当者だったり、医療職の産業医や保健師・看護師だったりと様々です。
主治医からの処方薬を使用せずに通院だけしている社員には主治医の指示に
従って治療するように私(産業医)から注意することが多々あります。

 長期休養している社員を、夜の繁華街で見かけたが元気そうだったという
噂がながれて、本当に病気なのか?怠けてるのでは‥と他の社員から会社の
総務部に電話がありました。その方は、休職中だったので、人事部から呼び
出されて注意を受けたようです。休職中というのは会社組織に在籍している
ので、それなりの常識に沿った行動を会社としては社員に求めるというスタンス
でした。出勤をしている社員にも、休養している社員にも、同じように常識の
範囲で行動して欲しいというものでした。納得です。

 病気による欠勤・休職は普段の休暇ではありません。この辺りを勘違いして
いる社員がいるようですので、定期的に会社から連絡を取ることは重要かもしれ
ません。ただし、職場でのパワハラなどで休養中の社員に、その原因となっている
方が窓口になって連絡するのは論外ですが‥。

この記事を書いたプロ

辻上周治

辻上周治(つじがみしゅうじ)

辻上周治プロのその他のコンテンツ

Share

辻上周治プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
078-881-8888

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

辻上周治

つじがみクリニック

担当辻上周治(つじがみしゅうじ)

地図・アクセス

辻上周治のソーシャルメディア

facebook
Facebook

辻上周治のソーシャルメディア

facebook
Facebook

辻上周治プロのその他のコンテンツ